劇団●天八『The LOST ANIMALS』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団●天八

劇団●天八 presents

『The LOST ANIMALS』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年4月26日(金)〜4月29日(月・祝)
会場 新大阪KOKOプラザ
〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-13-13
PR・解説 2013年劇団天八最新作!
絶滅危惧種の動物たちが贈るものがたり。
ストーリー ジャングルの様に生い茂った自然。
その中にうごめく動物たち。
生きる場所を追われ、身を寄せ合うように暮らすしかない彼ら。

「オレタチハ、ナニカヲワスレテイル。タイセツナ、ナニカヲ。」

そこに一人の少年が現れる。
調査をしている生物学者の息子である「シド」だ。
「シド」は父が研究を続けている石版を手にしている。

【見慣れない文字で書かれた石版】。
しかし永い解読時間を経て読み解けた一部分。
解読不能の文字に混じって【ロスト・アニマルズ】と記されていた。

その石版を目にした動物たちの「失われた記憶」の歯車が回りだす。

ゆっくりと、まるで漆黒の海に落としたなにかのカケラが沈んでゆくように。
ゆっくりと深く、深く。

そこはどこかの地。
動物たちは捉えられていた。
檻の中にいる動物たち。

「俺たちが何をしたっていうんだ?」

しかし、檻を管理している「ニホンアシ」と呼ばれる種族にだけは彼らの言葉は通じない。

一人のサルの知恵によって脱走を試む。

「脱走?ここを出てどこに行くっていうんだい?」
「ニホンアシのいない地。リバティランド。」

かくして脱走する動物たち。

追うニホンアシ。

逃亡中にそれぞれ動物たちの過去が明かされる。
【恋人殺しの濡れ衣を着せられたもの】
【見世物にされるのが嫌で逃げ出した踊り子】
【ニホンアシと共存しようと努力したものの報われなかったもの】


「リバティランドに行くには、船に乗る必要がある」
「港を目指せ」

なんとか追っ手を振り切り乗り込んだ船。

しかし、「その船にはあるものが無かった。」


【操縦室と呼ばれるものが】。
スタッフ 脚本・演出:福満”グリズリー”ヒロユキ
テクニカル(音響・照明)総括:高月佑介
衣裳:SACHI
イラストレーション:TURBO
デザイン:CAORU
企画・制作:劇団●天八
キャスト 福満”グリズリー”ヒロユキ(劇団●天八)
HISAKO(劇団●天八)
SACHI(劇団●天八)
加藤崇幸(劇団●天八)
深海美千代
永倉有(演劇集団☆ゴサンケ)
大西俊貴(Island☆12)
湖山博之(演劇集団☆ゴサンケ)
宝本夢子
中山真治(演劇集団☆ゴサンケ)
室龍規 

チケット発売日

2013年2月2日(土)

入場料金

前売3,800円/当日4,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団●天八 http://www.tenpachi.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年4月26日(金) 〜 4月29日(月・祝)

2013年4月

21 22 23 24 25 26
  • 15:00
  • 19:00
  •  
27
  • 11:30
  • 15:00
  • 19:00
28
  • 11:30
  • 15:00
  •  
29
  • 11:30
  • 15:00
  •  
30        

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=27969

トラックバック一覧