演劇実験ユニット・おででこ『愛さずにはいられない』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇実験ユニット・おででこ

長野灯明祭りとともにおくる二つの熱いパフォーマンス

『愛さずにはいられない』孤独と愛についての考察「愛のこころみ」と、有馬眞胤独り芝居「夜叉神堂の男」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

第十回長野灯明まつり期間中「もんぜんまち劇場」参加作品

公演データ

公演期間 2013年2月16日(土)〜2月17日(日)
会場 堂照坊・大広間
〒380-0851 長野県長野市元善町467(善光寺大本願前)
PR・解説 私たち「演劇実験ユニット・おででこ」は、パフォーマーの身体能力と、想像力と、空間認知力を、最大の武器と位置付け、無駄を排したシンプルな空間に、カラフルで感情豊かな舞台空間を作りだす事を目指しています。ゲストに劇団四季や蜷川カンパニーなどでご活躍された俳優、有馬真胤氏を迎え、歴史ある宿坊の大広間にて公演させていただきます。科学変化を起こす舞台をぜひご覧下さい。
界隈では、平和を祈る光の祭典、第十回長野灯明祭りを開催中です。
ストーリー 「愛のこころみ」は、作家福永武彦が、人間の愛と孤独を大真面目に見つめ、エッセイとして書き残した「愛の試み」をベースに、”人が人を愛する”ということを解体、科学した、ユーモアに満ちたフィジカルパフォーマンス。
「夜叉神堂の男」作:杉本苑子は、エイコ奏でる津軽三味線に乗って、有馬眞胤が演じる人外魔境、修羅の華。忌まわしい宿業を背負い、孤独に生きる男の独り芝居。
スタッフ ・総合演出、構成−−須川弥香
キャスト 有馬眞胤・磯見美麦之、南雲康司、須川弥香・エイコ(津軽三味線演奏)
お問い合わせ 演劇実験ユニット「おででこ」
049-234-5403
odedeko2010@gmail.com
演劇実験ユニット「おででこ」

チケット発売日

2013年1月15日(火)

入場料金

2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

演劇実験ユニット「おででこ」 049-234-5403
http://odedeko.sakura.ne.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年2月16日(土) 〜 2月17日(日)

2013年2月

10 11 12 13 14 15 16
  • 13:00
  • 17:00
  •  
17
  • 15:00
  •  
  •  
18 19 20 21 22 23

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=27983

トラックバック一覧