東京演劇アンサンブル『忘却のキス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京演劇アンサンブル

『忘却のキス』−赤色のガラスケース−

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

偶然のキスから始まった男と女の愛の物語

公演データ

公演期間 2013年3月1日(金)〜3月10日(日)
会場 ブレヒトの芝居小屋
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-35-17
PR・解説 現代ドイツ語圏を代表する劇作家ボートー・シュトラウスの日本初演作品!!
演出・公家義徳とドラマトゥルク・大塚直が、気鋭の若いスタッフとともに挑む。
クロマチック・アコーディオンのかとうかなこが生演奏で出演。
池田ともゆきの白く立ちはだかる高い壁の装置に、Nibrollの高橋啓祐が映像を映し出す。
稲村朋子の斬新な衣裳をまとって、赤青色の靄の中から11人の男女が登場する。

ベルリンの壁崩壊後のよるべのない世界を生きる
男と女の愛の物語。
ストーリー 罰ゲームでリカルダは、偶然居合わせたイェルケ氏にキスをする。
アマチュア天文学者の中年男イェルケ氏と、若いリカルダの関係が始まった。

彼らは愛し合っていた、
愛し合ってなかった。
彼らは求め合った、
求め合ってなかった。
彼らの関係は、山と谷、男と女だった。
そして二人はずっと一緒だった。
離れることなく、ひとつにもなれず……
スタッフ 作 ボートー・シュトラウス 
訳・ドラマトゥルク 大塚直 
演出 公家義徳

音楽 かとうかなこ(生演奏)
装置 池田ともゆき
映像 高橋啓祐(Nibroll)
照明 大鷲良一(創光房)
衣裳 稲村朋子
効果 勝見淳一(音映)
宣伝美術 本多敬+奥秋圭
舞台監督 入江龍太
制作 小森明子+太田昭
キャスト 山崎智子 
松下重人 
原口久美子
竹口範顕
伊藤克
本多弘典
雨宮大夢
桑原睦
洪美玉
志賀澤子
坂本勇樹
渡辺みゆき
正木ひかり
かとうかなこ(クロマチック・アコーディオン)
お問い合わせ 東京演劇アンサンブル
03-3920-5232
ticket@tee.co.jp
忘却のキス

チケット発売日

2013年1月10日(木)

入場料金

一般前売3,800円/学生前売3,000円/Low Price Day2,500円/当日4,500円(全席自由・税込)

発売順に整理番号発行=入場順

チケット発売窓口

東京演劇アンサンブル 03-3920-5232
カンフェティ
当日券情報 予約多数の場合は、開演5分前に残席のみ販売。
割引情報 3/4月と3/5火はLow Price Day=2500円

公演日程

2013年3月1日(金) 〜 3月10日(日)

上演時間 約2時間20分 

2013年3月

          1
  •  
  • 19:00
  •  
2
  • 14:00
  •  
  •  
3
  • 14:00
  •  
  •  
4
  •  
  • 19:00★
  •  
5
  •  
  • 19:00★
  •  
6
  •  
  • 19:00※
  •  
7
  •  
  • 19:00※
  •  
8
  •  
  • 19:00※
  •  
9
  • 14:00
  •  
  •  
10
  • 14:00
  •  
  •  
11 12 13 14 15 16
★はLow Price Day=2500円
※はアフタートークあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=27988

トラックバック一覧