劇団民藝『夏・南方のローマンス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団民藝

劇団民藝公演

『夏・南方のローマンス』神と人とのあいだ 第二部

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年4月10日(水)〜4月22日(月)
会場 紀伊國屋サザンシアター
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説 「人は未来を急ぎすぎる、あまりに多くの未清算の過去を残したまま……」。戦後日本の原点ともいえる木下順二の問題作『夏・南方のローマンス』は、1970年に「神と人とのあいだ」第二部として発表されました。。敗戦直後に行われた戦犯裁判に目を注いだ作品で、網の目から落ちこぼれていく日常的で人間的な人びとの愛や苦悩が壮大な構想の下に描かれています。第一部「審判」(1970、2006年上演)につづいて、1987年の初演いらい待望の上演です。
ストーリー 敗戦直後のとある公園。ある上等兵が南方の戦犯裁判で絞首刑を宣告された。愛人であった女漫才師は、ある日ついに彼の妻に会いに行く。折から通りかかった戦友たち。なぜ彼は殺され、戦友たちは助かったのだろう? 悪い夢だった、とつぶやく戦友。夢ですまされるか、とかみつく女漫才師。もう何もかも忘れたい、という上等兵の妻。いったい誰が誰を裁いたのか? やり場のない憤りに身をもてあまし、一人残された女漫才師の心に、上等兵はたしかに生きつづけているのだった……。
スタッフ 装置=島 次郎/照明=前田照夫/衣裳=緒方規矩子/効果=岩田直行/舞台監督=武田弘一郎
キャスト 梅野泰靖/鈴木 智/伊藤孝雄/小杉勇二/山本哲也/境 賢一/伊東理昭/みやざこ夏穂/齊藤尊史/吉岡扶敏/高野 大/塩田泰久/平松敬綱/岡山 甫/大野裕生/長畑 量

桜井明美/中地美佐子/平山晴加/山田志穂
お問い合わせ 劇団民藝
044-987-7711
seisaku@gekidanmingei.co.jp
劇団民藝公式ウェブサイト

チケット発売日

2013年3月1日(金)

入場料金

一般6,300円/学生割引3,150円/夜チケット4,200円(全席指定・税込)

※夜チケットは夜公演のみ、全席。

チケット発売窓口

劇団民藝 044-987-7711

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:426-791
ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:35145
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 公演当日の開演1時間前より劇場窓口で販売。
割引情報 学生割引3150円(一般6300円→3150円、劇団民藝のみ取り扱い)
夜チケット4200円(一般6300円→4000円、夜公演のみ)

公演日程

2013年4月10日(水) 〜 4月22日(月)

上演時間 約2時間35分
(休15分)

2013年4月

7 8 9 10
  •  
  • 18:30◎
  •  
11
  • 13:30
  •  
  •  
12
  • 13:30
  •  
  •  
13
  • 13:30※
  •  
  •  
14
  • 13:30※
  •  ☆
  •  
15
  •  
  • 18:30◎
  •  
16
  • 13:30
  •  
  •  
17
  • 13:30
  •  
  •  
18
  • 13:30★
  •  
  •  
19
  •  
  • 18:30◎
  •  
20
  • 13:30※
  •  
  •  
21
  • 13:30※
  •  
  •  
22
  • 13:30
  •  
  •  
23 24 25 26 27
◎…夜チケット全席4200円
※…無料託児サービスあり(要予約)
☆…終演後に出演者との交流会あり(参加費無料、予約不要)
★…終演後にバックステージツアーあり(参加費無料、予約不要)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28003

トラックバック一覧