シンクロナイズ・プロデュース『最初で最後の晩餐』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シンクロナイズ・プロデュース

シンクロナイズ・プロデュース第16回公演inベニサン・ピット

『最初で最後の晩餐』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年2月1日(水)〜2月5日(日)
会場 ベニサン・ピット
〒135-0007 東京都江東区新大橋2-17-12
PR・解説 1997年に、関西演劇界のメンバーを核として東京で発足、公演ごとに俳優、スタッフを構成するプロデュース形式をとり、新鮮で質の高い作品作りをめざすシンクロナイズ・プロデュース。
第16回公演「最初で最後の晩餐」は久次米健太郎の書き下ろし新作。
20代後半から30代のメンバーを中心とした構成で、社会性のあるテーマを扱いながらも、ひとりひとりの心の中にある哀しみ、やさしさを、普遍的な視点で愛情深く描き出す、大人のためのお芝居。
ストーリー 1985年…
日航機墜落事故、タイガースが日本一なったあの年、 僕は高校生だった
友情、恋愛、進路…夢と希望と挫折…青春を謳歌していた

そして2005年…
タイガースがマリーンズに惨敗したその日、
実家に届いたもう一つの悲しい知らせ
それは高校の担任、佐田先生の訃報…
「青春とは、自分探しの旅である」恩師の言葉が蘇った

ずっと忘れていた過去
疎遠だった友人たちの近況、不甲斐ない今の自分、
恩師のことばを胸に、自分探しの旅に出る…

青春を謳歌した当時の社会情勢・学校教育と、
現在の日本、世界がどう移り変わったのか
そして、これからどこに向かっていくのか
苦く、甘く、哀しい、大人の「青春群像劇」
スタッフ 作・演出=久次米健太郎/照明=芦辺靖/音響=宮田充規/舞台監督=渡辺了(ジ・アクト)/宣伝美術=田中文太郎(bt_arts)/制作=シンクロナイズ・プロデュース
キャスト 水谷純子/井上加奈子/宮本篤/梅崎信一/八木理香子/岩崎恵子/望月雅行/横溝浩一/坂下しのぶ/くぬぎみか/松下太亮/早川毅/西條美穂/大志多麻衣/酒井孝祥/大浜直樹
お問い合わせ シンクロナイズ・プロデュース
044-814-0503
info@synchro.ptu.jp
シンクロナイズ・プロデュース

チケット発売日

2005年12月3日(土)

入場料金

前売3,000円/当日3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

シンクロナイズ・プロデュース 044-814-0503

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:784-081

公演日程

2006年2月1日(水) 〜 2月5日(日)

2006年2月

      1
  • 19:30
  •  
  •  
2
  • 19:30
  •  
  •  
3
  • 19:30
  •  
  •  
4
  • 15:00
  • 19:30
  •  
5
  • 15:00
  •  
  •  
6 7 8 9 10 11

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2804

トラックバック一覧