東京フィギュア『七人の守人』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京フィギュア

東京フィギュア第三回公演

『七人の守人』〜運命の赤と黒〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年4月28日(金)〜4月30日(日)
会場 明石スタジオ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-10-6
PR・解説 早稲田大学で創立した劇団です。
コラボレーションによる舞台創作を目指し、毎回、数名の常連と新たなメンバーとのユニット的な活動を展開しています。
作・演出を手掛ける主宰の北島モモは、日本演出者協会の会員であり、現代に“生きる”ということの微妙な心のズレや哀しみを、優しい視点で描く芝居づくりをしています。
ストーリー 人は死ぬと、生まれ変わる。
再び生まれ変わる前に、人は誰かの守人(モリビト)になる。
守人は付人(ツキビト)と呼ばれるその人を幸せにする義務がある。
付人の運を操る守人が出来る事は、二つだけ。
一つは「願」。もう一つは「運用」。
ハルオ(彼女いない暦=年齢)が赤い糸で結ばれた彼女に出逢った時、死を暗示する黒い手紙が届く…。
かくて、守人たちの長い戦いが始まった!
この春、東京フィギュアがお送りする、笑いと涙の癒し系ヒーリング演劇!
あなたに春色のやさしい気持ちをお届します。
スタッフ 作・演出=北島 百/舞台監督=松本 翠/音響=久郷清/照明=工藤雅弘(fantasista?ish.)/舞台美術=満木夢奈/映像=上條大輔/衣裳=水落智彦/制作=伊藤静香/制作助手=中西功多/プロデューサー=服部タクミ ほか
キャスト 会沢ナオト/大石丈太郎(幻シンキロウ)/小垣外 翔/佐野由美子/塚本花子/徳永哲也/中野嵩大/望月雅行(劇団バルド)/山口めぐ/Yucary。(青松)
お問い合わせ 劇団 東京フィギュア
090-6147-6804 / 090-8342-7535
tokyofigure@jk.babyblue.jp
劇団 東京フィギュア公式サイト

入場料金

2,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団 東京フィギュア 090-6147-6804

チケット販売サイトへ

公演日程

2006年4月28日(金) 〜 4月30日(日)

2006年4月

23 24 25 26 27 28
  •  
  •  
  • 19:00
29
  •  
  • 14:00
  • 19:00
30
  • 13:00
  •  
  • 17:00
           
★...記録用カメラが入ります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2810

トラックバック一覧