パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)『東京物語』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)

七月新派公演

『東京物語』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年7月26日(金)
会場 パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)  かきつばたホール
〒472-0026 愛知県知立市上重原町間瀬口116番地
PR・解説 日本のみならず、世界中で愛されている映画「東京物語」。昨年は英国映画協会の「映画監督が選ぶベスト映画」の世界第一位に選ばれました。
その「東京物語」を昨年山田洋次が舞台化し、東京公演でも大評判を呼んだ作品が満を持して登場します。
同じ小津安二郎・山田洋次・劇団新派のコラボレーションで大きな感動を呼んだ舞台『麥秋』の京都南座での上演は昨年の文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞しました。
人の温かさ、親子の情愛、そして失われゆく「日本人のこころ」・・・戦後日本の変わりゆく家族の関係を深淵に描き出した不朽の名作です。
小津安二郎生誕百十年の記念すべき年に山田洋次と劇団新派がおくる感動の舞台『東京物語』をぜひご覧下さい。
ストーリー 故郷尾道から久しぶりに東京に出てきた老夫婦は、子供たちの家を訪ねるが、それぞれの生活で精一杯のため歓迎されない。そんななか、戦死した息子の未亡人だけが親身になってくれる・・・。

今回の舞台化では、東京を訪ねる老夫婦とみ(映画では東山千栄子)を水谷八重子、周吉(笠智衆)を安井昌二、次男の未亡人紀子(原節子)を瀬戸摩純、女将加代(櫻むつ子)を英太郎、そして長女志げ(杉村春子)を波乃久里子が演じます。
日本人を描いてきた劇団新派が総力を挙げてお贈りする舞台『東京物語』。
この名作の上演をどうぞお見逃しなく!
スタッフ 脚本・演出:山田洋次
キャスト 水谷八重子
安井昌二
瀬戸摩純
英太郎
波乃久里子
お問い合わせ パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)
0566-83-8100 / 0566-83-8102
パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)

チケット発売日

2013年4月27日(土)

入場料金

会員4,500円/一般5,000円(全席指定・税込)

※未就学児のご入場はご遠慮ください。(親子室:8席あり、要予約)
※車椅子でご入場のお客様は事前にお問い合わせ下さい。

チケット発売窓口

パティオ池鯉鮒アートセンター 0566-83-8102
☆パティオ池鯉鮒WEB販売も行っております。詳しくは会館ホームページをご覧ください。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:426-762

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年7月26日(金)

2013年7月

21 22 23 24 25 26
  • 14:00
  •  
  •  
27

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28114

トラックバック一覧