櫻井郁也/十字舎房『櫻井郁也ダンスソロ「青より遠い揺らぎ」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

櫻井郁也/十字舎房

『櫻井郁也ダンスソロ「青より遠い揺らぎ」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年3月29日(金)〜3月30日(土)
会場 plan-B
〒164-0013 東京都中野区弥生町4-26-20-B1
PR・解説 ソロ二度目の海外招聘(2012 : ルクセンブルク公演)を経て、舞踊家・櫻井郁也が新作を発表します。
笠井叡に師事したのち、コンテンポラリーダンス/舞踏のフィールドにおける40作あまりの創作活動、とりわけソロワークの追求を通じて、身体と踊りの原風景をストイックに探究し続けてきた櫻井は、3.11以後、これまでにない急速な創作活動をみせました。震災直後の心象を追うように上演された二作品『TABULA RASA2011』(2011夏:東京)、『かつてなき結晶/3.11silent』(2012春:東京)。再生をめぐるメッセージとして現代美術家と組んで廃工場の大空間を縦横無尽に踊り尽くした『むすび:天地礼讃内景』(夏:新潟/越後妻有アートトリエンナーレ/美術=瀧澤潔)。小学校を舞台に、降り注ぐ水・体育館を埋める子どもの文字群・未知の音程を発する特殊調律ピアノとのセッションを繰り広げた『コドモの領分』(冬:横浜国立大学附属鎌倉小学校/美術=西川昌和+小学生たち、音楽=寒川晶子)。そして上述の海外公演『Hakobune:方舟』(制作:デュドランジュ文化センター、ルクセンブルク振付創作センター)。これらの踊りつなぎを経て、あらためて、純粋な舞踊衝動とは何かを自らに問いかけながら、今回の新作『青より遠い揺らぎ』が生み出されようとしています。
ストーリー ただひとつの「からだ」。人はそこから何を受け止め得るのか・・・。呼吸、心拍、血流、自らの肉体に宿る生体リズムをモチーフに、櫻井は「ダンスがダンスである瞬間」、「踊りとしか呼びようのない次元」の創出を探索してゆきます。それは、非日常体験としてのダンスの追求であると同時に、あの測りがたい事態によって危機を孕んでしまった身体と魂が、ふたたび生命の喜びという地平に着地するための動的な思索でもあります。3.11以後の身体。その当事者として、生みのエネルギーに迫る姿に、ぜひご注目ください。
スタッフ ダンス・音・光=櫻井郁也、美術/衣裳=櫻井恵美子、企画制作=十字舎房、共催=plan-B

チケット発売日

2013年2月18日(月)

入場料金

全席自由

・前売=2,500円(事前振込/申し込み〆切=3月23日) 
・予約=2,800円(当日お支払い/前日まで受付)   
・当日=3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順) 

チケット発売窓口

十字舎房 03-3996-1823
http://www.cross-section.x0.com/

チケット販売サイトへ

当日券情報 ロビー開場時(それぞれ開演20分前)より劇場受付にて販売/先着順。当日の残席状況などはTEL 03-3384-2051(劇場)までお問い合わせ下さい。

公演日程

2013年3月29日(金) 〜 3月30日(土)

2013年3月

24 25 26 27 28 29
  • 20:00
  •  
  •  
30
  • 19:00
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28211

トラックバック一覧