ミームの心臓『focus.神話』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ミームの心臓

ミームの心臓プロデュース/演劇企画公演

『focus.神話』ハイブリットハイジ座(早稲田)× ミームの心臓(慶應)× 四次元ボックス(日藝)

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年5月2日(木)〜5月8日(水)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 新プロジェクト始動!気鋭の学生劇団を集い、神話をテーマに三作品の一挙上演!
ハイブリットハイジ座 (早稲田) × ミームの心臓 (慶應) × 四次元ボックス (日藝)

すっかり大人しくなった昨今の演劇界、祝祭的かつ混沌とした空間を生み出す刺戟的作品を引っ提げ、ゆとりに叛逆した平成世代が新たにいま時代を築き上げるべく旗を掲げます。学生演劇の枠を早々に飛び越え、大学外の劇場で活躍し実力を振るっている三劇団の競演。弱冠二十一歳、主宰たちの描く鮮烈な世界をお見逃しなく!

公式サイトには、業界人からの推薦コメントを掲載中!
坂手洋二氏(劇作家・演出家/燐光群主宰/日本劇作家協会会長)
滝内泉氏(プロデューサー/劇団四季『ライオンキング』日本公演立ち上げ等)
仲村和生氏(ネビュラプロジェクト/キャラメルボックス チーフプロデューサー)

【参加団体紹介】
◇ハイブリットハイジ座◇
2011年、早稲田大学の学生らにより結成。戯画化された身体、濃い目の言語感覚を駆使した作風が特徴。セロハンテープでつなぎ止めたペロペロの人間関係から起ち上がる巨大な物語を絶妙に語り切る団体。混沌を混沌のままに引きずり、世界の表層と真摯に向き合う姿勢を大切にしている。シアターグリーン学生芸術祭vol.6最優秀賞受賞。

◇ミームの心臓◇
2010年、慶應義塾大学在学中の酒井一途を中心に旗揚げ。時代の潮流を見据えた上で、容易に消費されることのない作品を上演していけるよう心懸けている。幾重にも問題が絡み合った現代社会の複雑さを、劇構造の中で表現したい。その作風は「品の良い、透き通った作品」と評価される。シアターグリーン学生芸術祭vol.5プロデューサー賞受賞。

◇四次元ボックス◇
2010年、日本大学藝術学部在学生を中心として結成。既成概念に囚われない革命的な「見世物」の創造を目的としており、扱う題材は多岐にわたる。深刻な問題を取り上げながらもジャンルにとらわれない作風に仕上げることを得意とし、それぞれに強烈な個性を持つ役者陣が劇世界を色濃く立ち上げる。
ストーリー ◆ハイブリットハイジ座 早稲田大学◆
『皮にパンク』(作・演出:天野峻)
一億総ミーハー化、このツルツルテンな超混沌時代のさなか
「深みのある人生を送りたい」という浅く薄く切実な願いを叶えるべく
薄皮数枚重ねて深みを偽装してみるのはどうだろう。
積まれた薄皮数枚にミーハーが見るのは犬か、人生か、はたまた犬の人生か。
愛と運命と皮とが渦巻く物語。皮に関する物語ではなく皮を重ねた物語。

◆ミームの心臓 慶應義塾大学◆
『東の地で』(作:酒井一途 演出:岩渕幸弘)
人間は結局、その罪から自由になることはなく、世界は分裂と対立に終わる。
それが祝福に満ちた天地創造にはじまる原初物語の結論である。
ならば何故われわれはこうも苦しみ足掻きながらも、生まれてくることをやめないのだろう。何故われわれは心の奥底では愛を欲しながらも、真実から目を背けてしまうのだろう。
ほんとうに守らなければならないものは、何だったんだろう。
ミームの心臓、初の二人芝居。
性差を超えた恋、死者へと向かう愛、そして、死の欲動との対面。

◆四次元ボックス 日本大学藝術学部◆
【作品紹介】『cicada』(作・演出:菊地史恩)
世界65億人の人間が居て、みんなそれぞれの人生を歩んでいる。
その65億人には65億通りの人生があって、金持ちもいれば、貧乏人もいて、サラリーマンやってる人もいれば、テロリストやってる人もいる。
誰しもが半ば強制的にこの世に生を受けてから死という最終地点に至るまでの間でしか人生を描くことが出来ないのだから、男も女も、ゲイもレズもバイも誰も彼も、もっとけたたましく求めても良いのではないかな。
7日間しか生きることが出来ない、蝉のように。
スタッフ 照明: 山崎佳代 / 音響: 中村光彩(思出横丁) / 舞台美術: 村上薫 / 宣伝美術: サノアヤコ / 舞台監督: 小川陽子 / 舞台監督補佐: 臼田典生 / 広報: 一ノ瀬貴志 / 制作: 永田フネ / 企画・製作: ミームの心臓 / プロデューサー: 酒井一途
お問い合わせ ミームの心臓
info@heart-meme.com
ミームの心臓公式サイト

チケット発売日

2013年3月2日(土)

入場料金

一般:2,500円/U24:1,700円(全席自由・税込)

※三作品すべてを鑑賞できるチケットです。一作品のみでの販売はありません。
※U24は24歳以下どなたでも対象となります。
※当日券の料金は各300円増。開演二時間前までのご予約は前売料金にてご案内します。

チケット発売窓口

ミームの心臓

チケット販売サイトへ

focus.公式サイト

チケット販売サイトへ

こりっち

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年5月2日(木) 〜 5月8日(水)

上演時間 各作品 約1時間
*変更の可能性あり
*作品の間に休憩あり

2013年5月

      1 2
  • 19:00
  •  
  •  
3
  • 15:00
  • 19:00
  •  
4
  • 11:00
  • 15:00
  •  
5
  • 11:00
  • 15:00
  • 19:00
6
  • 11:00
  • 15:00
  •  
7
  • 15:00
  • 19:00
  •  
8
  • 11:00
  • 15:00
  •  
9 10 11
※受付・開場は、初回団体の開演30分前です。二、三団体目からご入場いただいても構いません。但し各回入替制のため、引き続いて次の回の一団体目を鑑賞することはできません。
※公演はハイブリットハイジ座→ミームの心臓→四次元ボックスの順番で上演します。
※上演時間は各団体1時間前後、作品間に休憩を挟みます。休憩中の劇場への入退場は自由です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28274

トラックバック一覧