シアタープロジェクト静岡『美しきものの伝説』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シアタープロジェクト静岡

2013/2014シーズン

『美しきものの伝説』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年5月5日(日・祝)〜5月6日(月・祝)
会場 静岡市清水文化会館マリナート 小ホール
〒424-0823 東京都静岡市清水区島崎町214
PR・解説 静岡での演劇の新たな可能性を切り開くべく誕生した、 全く新しい演劇集団「シアタープロジェクト静岡」。 2013/2014 シーズン第一弾としてお送りするのは、 昭和の劇作家・宮本研の傑作群像劇「美しきものの伝説」。
大正という激動の時代に、まっしぐらに革命を語り、演劇を論じ、 理想のために若者たちは命を燃やした。
シアタープロジェクト静岡が 100 年前の実在の人物を通して 描き出すのは、「日本」と「私たち」の現在地。
ストーリー 舞台は大正。幸徳秋水、菅野スガを始めとした12名が死刑、同じく12名を無期懲役に した大逆事件によって、社会運動が閉塞の「冬の時代」を迎えていた時代。
大逆事件か ら二年経った大正元年、1912年の秋、白いパラソルの女、野枝が「四分六」こと堺利彦 の売文社を訪れ、「モナリザ」こと平塚らいてうに「女優になりたい」と訴えるところ から物語は始まります。

伊藤野枝をはじめ、大杉栄、堺利彦、荒畑寒村、辻潤、島村抱月、松井須磨子、小山 内薫、沢田正二郎、中山晋平、久保栄、平塚らいてう、神近市子といった実在の社会主 義者や演劇人をモデルにした登場人物によって描かれるのは、理想を抱き、革新を信じ、 もがきながらもまっしぐらに政治と演劇に命を燃やし尽くした若者たちの姿。
容赦なく 流れていく「時代」というものに対して、一本の「杭」を立てようとした、彼らの力強 くも儚い「生」と「死」が、宮本研の軽妙洒脱な筆で描かれた戦後の傑作戯曲です。

その宮本研の傑作を、2013/2014シーズンの主任演出家、桐山知也氏の演出で上演します。国内外で活躍し、次世代を担う演出家として注目を集める桐山氏のもとに挑むの は、100年前に確かに生きた彼らを私たちの生きる「いま・ここ」で取り上げることで、 今私たちが立ち、新しい「場」を作り出そうとしている「日本」を見つめ直していくこ とです。「美しきものの伝説」は、シアタープロジェクト静岡が静岡で活動をしていく 決意表明となるでしょう。
ご期待ください。
スタッフ 作 宮本研
演出 桐山知也
音楽 川辺真
照明 横原由祐
舞台監督 山口英峰
音響 株式会社ステージループ
演出助手 岩澤哲野
宣伝美術 山内貴寿
制作 阿部健一

企画・製作 シアタープロジェクト静岡
キャスト 赤星武、打田晃啓、海野雅美、大鶴美仁音、納本歩、小黒雄太、 木村亮太、草光純太、瀧澤亜美、豊田眞梨子、成田颯太、水沢詩生、 村松立寛、矢沢洸平、安田祐登、薮崎友加里、山田清顕(五十音)
お問い合わせ 制作・阿部
08037213934
theatreproject.shizuoka@gmail.com
シアタープロジェクト静岡 仮ウェブサイト

チケット発売日

2013年3月1日(金)

入場料金

一般2,000円/高校生以下1,000円(税込)

・全席当日指定席です。当日ご来場された方から順に受付にて座席をお選び頂きます。

チケット発売窓口

シアタープロジェクト静岡 08037213934
・繋がらない場合は恐れ入りますが、後ほどおかけ直しください。
・webページに予約フォームがございます。そちらからのご予約が便利です。

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演一時間前より劇場にて販売いたします。
割引情報 早期予約割引あり
…3月31日(日)までのご予約で500円引きの1500円で観劇頂けます。(一般限定)

公演日程

2013年5月5日(日・祝) 〜 5月6日(月・祝)

2013年5月

5
  • 18:00
  •  
  •  
6
  • 14:00
  •  
  •  
7 8 9 10 11

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28321

トラックバック一覧