和の会『体感する能|葵上 梓の出』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

和の会

第七回 和の会主催 宝生流能楽公演

『体感する能|葵上 梓の出』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年6月29日(土)
会場 宝生能楽堂
〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-9
PR・解説 さまざまな花が、時を彩り、人の心を彩る。
光源氏をめぐる平安の恋物語を体感。

輝かしい美貌と才能に恵まれた光源氏を中心に、男と女の人間模様を描いた『源氏物語』。今回は、この『源氏物語』を読み進めるように、ゆかりある演目を並べて番組を構成しました。光源氏がその生涯を語る連吟「須磨源氏」、夕顔の霊が光の君との忘れがたい恋を偲ぶ舞囃子「半蔀」、嫉妬に苦しむ女の情念を深く描いた能「葵上 梓の出」、そして、狂言「梟」を笑いのスパイスとして。
能楽から紐解く、絢爛たる王朝絵巻の世界をご体感ください。
ストーリー あらすじ 「葵上 梓の出」
正体不明の物怪にとり憑かれ、重病の床にある光源氏の正妻・葵上。高僧による祈祷や薬もいっこうに効き目がなく、梓弓の音で霊を呼ぶ照日の巫女を呼び出し、葵上にとり憑くものの正体を明らかにしようと試みます。一心不乱に祈る巫女。そこに現れたのは、源氏の愛を失って嘆き悲しむ、破れ車に乗った六条御息所の生霊でした。かつて賀茂の祭見物で葵上の家来たちと車の争いになり、侮辱された御息所はその怨みを晴らさんと葵上を枕元で責めたて、幽界へ連れ去ると言って姿を消しますが……
スタッフ 和の会
キャスト 連吟「須磨源氏」 高橋憲正ほか
舞囃子「半蔀」 シテ(夕顔): 澤田宏司
狂言「梟」 シテ(山伏): 山本則秀
能「葵上 梓の出」 シテ(六条御息所): 宝生和英
ツレ(照日神子): 田崎甫 ワキ(横川の小聖) 森常好
ワキツレ(大臣): 森常太郎
間狂言(従者): 山本則重
笛 : 小野寺竜一
小鼓 :鵜澤洋太郎
大鼓: 柿原弘和
太鼓: 観世元伯
後見: 和久荘太郎 ほか
地謡: 武田孝史・辰巳満次郎・水上優・高橋憲正 ほか
ナビゲーター:平田広明
  脚本:石井飛鳥
お問い合わせ 和の会
mail@hosho-wanokai.com
和の会ホームページ
宝生能楽堂事務局
03-3811-4843

チケット発売日

2013年2月25日(月)

入場料金

指定席6,000円/自由(一般)4,500円/自由(学生)4,000円/ビギナーシート(指定)3,000円(税込)

チケット発売窓口

宝生能楽堂 03-3811-4843
カンフェティチケットセンター 0120-240-540
電話は平日10〜18時受付

チケット販売サイトへ

当日券情報 能楽堂にて販売

公演日程

2013年6月29日(土)

上演時間 約2時間30分(休憩含む)

2013年6月

23 24 25 26 27 28 29
  • 16:00
  •  
  •  

みんなの採点

(1人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28357

トラックバック一覧