北区つかこうへい劇団『風を見た女』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

北区つかこうへい劇団

西澤実験室

『風を見た女』神林美智子外伝

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年4月12日(水)〜4月18日(火)
会場 王子小劇場
〒114-0002 東京都北区王子1-14-4
PR・解説 1974年VAN99ホールで初演され、その後も数度初期つかこうへい事務所メンバーで再演された初期つかこうへい作品代表作のひとつ。
90年には銀座セゾン劇場(現ル・テアトル銀座)で筧利夫・富田靖子のコンビで「飛龍伝90〜殺戮の秋〜」として復活。94年には読売演劇大賞を受賞。昨今では2003年末に筧利夫・広末涼子がコンビとなり青山劇場にて上演されたのが記憶に新しい。
そして2006年4月、再演の長い歴史を重ねてきた原型とも言うべき「初級革命講座飛龍伝」を北区つかこうへい劇団メンバーによって新しい時代の切り口と共に26年の時を経て、新しく生まれ変わる。
ストーリー 9.11 貿易センタービルへ突っ込んだ ボーイング767アメリカン航空11便、その乗客名簿には幾多のアラブ人のテロリストの名があった。そして・・・防衛庁長官桂木順一郎の懐刀、山崎勝利は愕然とした。そこに死んだはずの母、神林美智子の名があったからだ。
神林美智子は生きている?
その謎を解くために一人の男が立ち上がった。探偵金田一は、その謎を解くことができるのだろうか。
激動の70年代、機動隊のジェラルミンの盾を打ち破った伝説の石「飛龍」の唯一の投げ手、元全学連の泊平助は、いまは挫折し、国がつくった挫折公団アパートに住んでいる。そして、毎日、石売り娘をする嫁、明子が拾ってくる石を磨いている。
ある日、元第四機動隊隊長の息子山崎勝利が家を訪ねてくる。勝利は、全共闘40万の委員長神林美智子の息子でもあった。勝利と明子はもう一度国会前で闘う平助の勇姿を見たいと願っていた。
はたして平助は伝説の「飛龍」をにぎりしめ、国会の前にあらわれるのだろうか?
そして、あの9・11貿易センターに突っ込んだ「ボーイング707’400」。これが幻の石、「飛龍」だったのか!?
スタッフ 作=つかこうへい/演出=西澤周市
キャスト 岩崎雄一/赤塚篤紀/小川智之/尋由帆
お問い合わせ 北区つかこうへい劇団
03-5924-1126
mail@tsuka.co.jp
★☆北区つかこうへい劇団オフィシャルHP

チケット発売日

2006年3月3日(金)

入場料金

前売当日共2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

★☆北区つかこうへい劇団 03-5924-1126
2月11日よりチケットメール会員様対象にNET予約
http://www.tsuka.co.jp/jimusho/mail/index.html
その場で登録できます。
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:366-096
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:38449

公演日程

2006年4月12日(水) 〜 4月18日(火)

2006年4月

9 10 11 12
  • 19:00
  •  
  •  
13
  • 19:00
  •  
  •  
14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 14:00
  • 19:00
  •  
16
  • 14:00
  •  
  •  
17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 18:00
  •  
  •  
19 20 21 22

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2840

トラックバック一覧