社団法人観世会『観世会定期能』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

社団法人観世会

観阿弥生誕680年 世阿弥生誕650年記念

『観世会定期能』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年5月5日(月・祝)
会場 観世能楽堂
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-16-4
PR・解説 能の大成者である観阿弥・世阿弥から約600年の伝統をうけつぐ流派、観世流。観世会は1900年(明治33年)に設立され、現在、二十六世宗家 観世清和を筆頭に66名の観世流シテ方能楽師によって構成されています。
観世会定期能は、春四月・秋十月を除く、毎月第一日曜日に開催されている、当会会員を中心に全国の観世流を代表する演者が出演する能公演です。

なお、当日空席が出た場合、「西行桜」よりご入場いただけるハッピーアワーチケット(一般3,000円・学生1,500円)を13時30分より販売いたします。販売の有無は当日観世会ホームページにてご案内いたします。
ストーリー 【能・屋島】
屋島へ赴いた旅の僧は、出会った漁夫より屋島での源平合戦の有様を聞く。やがて、義経の霊が昔の姿で現れ、合戦の際に波に流された弓を命がけで取り返した様や、死後修羅道に堕ちての闘いを見せるが、夜明けと共に消え去る。

【狂言・千鳥】
太郎冠者は主人に酒を求めて来いと命じられて酒屋へ行くが、主人の酒代がたまっているため売ってもらえない。そこで子供が千鳥を捕る様子を真似て、酒樽を千鳥に見立て、調子よく囃しながら酒樽に近づき持ち去ろうとするが・・・。

【能・西行桜】
都・西山の西行法師の庵に桜見物の人々が大勢訪れるため、西行は桜ゆえに隠家を知られ、静寂を妨げられたという歌を詠む。その夜、西行の夢に老桜の精が現れ、「桜に咎はない」と諭し、また都の桜の名所を謡い、舞を舞う。

【能・一角仙人】
天竺・波羅奈国で、龍神が山中に住む一角仙人により岩屋に閉じ込められてしまい、国中に雨が降らなくなってしまう。王は一策を案じ、美妃・旋陀夫人を送り、仙人に酒を勧めて舞を舞わせ、その容色に惹かれた隙に岩屋から飛び出した龍神が仙人を退治する。
キャスト 【能 屋島】 漁翁/源義経 山階 彌右衛門・漁夫 清水 義也・旅僧 工藤 和哉・屋島ノ浦人 野村 太一郎・後見 谷村 一太郎・地頭 角 ?次朗・笛 杉 信太朗・小鼓 曽和 正博・大鼓 亀井 広忠
【狂言 千鳥】 太郎冠者 野村 万蔵・主 野村 扇丞・酒屋 野村 萬
【能 西行桜】 老桜ノ精 観世 喜之・西行上人 殿田 謙吉・能力 野村 扇丞・後見 野村 四郎・地頭 関根 祥六・笛 杉 市和・小鼓 幸 清次郎・大鼓 安福 建雄・太鼓 小寺 佐七
【能 一角仙人】 一角仙人 浅見 重好・旋陀夫人 津田 和忠・龍神 坂井 音隆/武田 文志・官人 大日方 寛・後見 木月 孚行・地頭 観世 恭秀・笛 寺井 宏明・小鼓 森澤 勇司・大鼓 柿原 光博
お問い合わせ 観世能楽堂
03-3469-5241
kanzekai@kanze.net

チケット発売日

2014年3月3日(月)

入場料金

S指定席12,500円/A指定席9,000円/B指定席7,000円/学生席(B指定席)4,200円(全席指定・税込)

当日空席が出た場合、「西行桜」終了後よりご入場いただけるハッピーアワーチケット(一般3000円・学生1500円)を午後1時30分より販売致します。(発売の有無については公演日当日、ホームページにてご案内いたします)

チケット発売窓口

社団法人観世会 03-3469-5241

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999

チケット販売サイトへ

公演日程

2014年5月5日(月・祝)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28466

トラックバック一覧