オフィスモノリス『ソール・ブランカー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

オフィスモノリス

READ & ACT PROJECT 第1回公演

『ソール・ブランカー』〜君の隣にいるから〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

◯全公演アフタートークがあります。
◯ブロマイド等限定グッズ販売があります。

公演データ

公演期間 2013年5月11日(土)〜5月12日(日)
会場 中目黒キンケロ・シアター
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
PR・解説 「大切な人だからこそ、言えない真実もある――」

全キャスト、完全あて書きの脚本で挑むオリジナル舞台!!
一部朗読劇も取り入れた、舞台と客席が一体となって笑い、怒り、涙する――
どこかノスタルジックで、甘く切ない……。そっと心を励ましてくれる物語。

一番大切なひととの時間が、永遠に続きますように……。
ストーリー 東京・渋谷――大都会の真ん中で、ひとりの青年が力尽き、倒れた。
彼の名は、一之瀬拓哉。世界での活躍が期待される青年実業家。
3か月前のある日。彼は、共に未来を生きていくと信じて疑わなかった
最愛の人を、たったひとりで“逝かせて”しまった――。
以来、“抜け殻”のまま生きてきた彼に、とうとう限界が訪れたのだ。
だが意識を失いかけたその時、拓哉の前にひとりの美しい青年が現れた。
“ツカサ”と名乗る彼は、拓哉を不思議な世界へといざなっていく。
現実の渋谷と背中合わせに存在するもうひとつの“シブヤ”へ。
そこで拓哉を待っていたのは――悪魔の心を持った“天使”と、天使の心を
持つ“悪魔”だった!
神の定めた“道”から逸脱しようとする人間を捕え、神に変わって審判――
『ジャッジメント』を下すという神のしもべたち。
彼らは、拓哉の心を、浅く、深く……まさぐりはじめる。
奥深くに隠された、3か月前のある『真実』を暴きだすために――。
スタッフ 作・演出:高槻梗
舞台監督:金安凌平、伊藤新
美術  :吉田尚加
音響  :稲村健太郎、安田拓朗
照明  :萩原賢一郎
音楽  :永井重行
記録映像:市野龍一
メイク :橋本申二
衣装  :超心智
衣装協力:SRIVER
企画制作:オフィスモノリス
キャスト 一之瀬拓哉 : 高崎翔太
サリー   : 鈴木千尋
ラフェル  : 齋藤ヤスカ
ツカサ   : 粕谷佳五
三崎菜緒  : 池田優菜
金重陽平  : 金重陽平
吉村直人  : 磯村勇斗
<< 特別出演 >>
高原鳴海  : 和田琢磨
お問い合わせ オフィスモノリス
soul_blanker@office-monolith.com
オフィスモノリス

チケット発売日

2013年4月8日(月)

入場料金

前売り、当日5,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

チケットサイトConfetti

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年5月11日(土) 〜 5月12日(日)

上演時間 90分

2013年5月

5 6 7 8 9 10 11
  •  
  • 14:00
  • 18:00
12
  •  
  • 13:00
  • 17:00
13 14 15 16 17 18

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28472

トラックバック一覧