Studio Life『ヴァンパイアレジェンド/DRACULA』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Studio Life

『ヴァンパイアレジェンド/DRACULA』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年4月7日(金)〜4月9日(日)
会場 梅田芸術劇場/シアター・ドラマシティ
〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町19-1
PR・解説 Studio Lifeが総力を挙げて挑む吸血鬼ゴシックロマンの決定版!!

『ヴァンパイア・レジェンド』
世界で初めて書かれた吸血鬼小説。女性吸血鬼のストーリーを、劇団Studio Lifeが男性版に置き換え1998年に初演し、絶賛された。禁断の愛の物語、待望の再演。
『DRACULA』
孤高の吸血鬼ドラキュラ伯爵と人間達との壮絶な戦い。すべての人の想像を超える衝撃の幕切れは、正にStudio LIfeのオリジナルである。
ストーリー 『ヴァンパイア・レジェンド』
友人もなく、孤独に暮らす青年ジョージ。或る日ジョージの前に、妖しい魅力を持った若者ゼーリヒが現れる。
美しいゼーリヒに寂しいジョージの魂は慰められる。
しかし、ゼーリヒは何処から来たのか、何を求めているのか、決して語ろうとしなかった――。
『DRACULA』
19世紀末。ヨーロッパの辺境、トランシルバニアの古城にひっそりと住むドラキュラ伯爵。闇の中で暮らしていたはずの伯爵は、帝都ロンドンに移り住む。
それは霧に紛れ、神出鬼没・変幻自在、伝説の吸血鬼である彼の新たなる野望の序章であった...。
スタッフ 『ヴァンパイアレジェンド』原作=ジョセフ・シュリダン・レ・ファーニュ「カーミラ」/『DRACULA』原作=ブラム・ストーカー/脚本・演出=倉田淳 ほか
キャスト 笠原浩夫/及川健/岩崎大/姜暢雄/曽世海児/山本芳樹/舟見和利/三上俊/松本慎也/佐野考治/牧島進一 ほか
お問い合わせ 梅田芸術劇場(10:00〜18:00)
06-6377-3888

入場料金

5,600円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 0570-02-9520
※発売当日は特電のみ受付
CNプレイガイド 0570-08-9966
※発売当日は特電のみ受付
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:365-869
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)
梅田芸術劇場窓口(発売日翌日より販売)

公演日程

2006年4月7日(金) 〜 4月9日(日)

2006年4月

2 3 4 5 6 7
  •  
  •  
  • 19:00B
8
  • 13:00D
  •  
  • 18:00A
9
  • 12:00A
  • 17:00D
  •  
10 11 12 13 14 15
A(ヴァンパイア〜)=笠原浩夫、曽世海児、三上俊、他出演
B(ヴァンパイア〜)=及川健、山本芳樹、松本慎也、他出演
C(DRACULA)=岩崎大、姜暢雄、舟見和利、佐野考治、牧島進一、三上俊 他出演
D(DRACULA)=岩崎大、姜暢雄、笠原浩夫、山本芳樹、曽世海児、及川健 他出演

※舞台挨拶あり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=2852

トラックバック一覧