範宙遊泳『さよなら日本 −瞑想のまま眠りたい−』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

範宙遊泳

STスポット提携公演

『さよなら日本 −瞑想のまま眠りたい−』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年5月4日(土・祝)〜5月15日(水)
会場 STスポット
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-15
PR・解説 空間や時間を自由に行き来し密度を変化させていく作劇の中で、異なる視座からの視線を織 り交ぜることにより役者という存在が際立っていく、そして劇中だけでなく鑑賞者における 虚実の境界が混ざり合っていく、そんな範宙遊泳の新作公演を行います。
ストーリー 僕は、あくまで僕が行う演劇において、社会や未来や観客や人類に対しての「問い」を持つべきだという考えに取り憑かれて創作をしています。
年齢や出身地なんか関係ない。運命や希望や絶望などとも関係ない。
僕だけのオリジナルな、完全無欠かつ純粋無垢で邪悪で妖艶で現実的で蠱惑的で幻想的で残酷な「問い」を持つこと。
かといってそれはさも「問い」らしくあらないこと。
「問い」ぶらないこと。
「問い」を生み出そうとか、そういう浅ましい気を揉まないこと。
「問い」を生み出すための計算をしないこと。
あくまで「問い」とは偶然出会うこと。

↑こういうことに僕はこだわります。こうした緊張感の中でのみ活きた「問い」は生まれるし、それが、僕と、僕の周辺と、その先の場所、つまり演劇に、必要なことだと思っているからです。

加えて今作は、生物と無生物について、その感情の行方と想像力の行方を探る、群像冒険現代劇の側面も持っています。

山本卓卓
スタッフ 音響/高橋麻衣    照明/山内祐太
美術製作/中村友美  舞台監督/櫻井健太郎
アートディレクター/たかくらかずき  制作助手/柿木初美(劇団はへっ)
プロデューサー/坂本もも
キャスト 大橋一輝 熊川ふみ 埜本幸良 田中美希恵
永島敬三(柿喰う客) 中林舞 名児耶ゆり
お問い合わせ 範宙遊泳
090-6182-1813
info@hanchu-yuei.com
範宙遊泳ウェブサイト
STスポット

チケット発売日

2013年4月1日(月)

入場料金

前売一般2,500円/前売学生2,000円/ペア割引4,400円/リピーター割引1,500円/当日一般3,000円/当日学生2,500円(全席自由・税込)

学生券は受付に学生証をご提示ください。
ペア割引は一般2名予約限定となっております。
リピーター割引は受付にチケットをご提示ください。

チケット発売窓口

範宙遊泳 4月1日(月)12:00 より発売開始

チケット販売サイトへ

STスポット 045-325-0411
4月1日(月)12:00 より発売開始

チケット販売サイトへ

当日券情報 受付開始時より劇場にて販売
割引情報 ペア割引(4400円)は一般2名予約限定となっております。
リピーター割引(1500円)は受付時にチケットをご提示ください。

公演日程

2013年5月4日(土・祝) 〜 5月15日(水)

2013年5月

      1 2 3 4
  • 19:30
  •  
  •  
5
  • 14:00
  • 19:30
  •  
6
  • 14:00
  • 19:30
  •  
7
  • 19:30
  •  
  •  
8
  • 19:30
  •  
  •  
9
  • 19:30
  •  
  •  
10
  • 19:30
  •  
  •  
11
  • 14:00
  • 19:30
  •  
12
  • 14:00
  • 19:30
  •  
13
  • 14:00
  • 19:30
  •  
14
  • 19:30
  •  
  •  
15
  • 18:00
  •  
  •  
16 17 18

前半日程でトークイベント企画中。
詳細は決まり次第webサイトで告知いたします。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28622

トラックバック一覧