ナントカ世代『その十字路の先を右に曲がった。』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ナントカ世代

ナントカ世代第14回公演

『その十字路の先を右に曲がった。』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年6月21日(金)〜6月23日(日)
会場 アトリエ劇研
〒606-0856 京都府京都市左京区下鴨塚本町1
PR・解説 ナントカ世代の原作シリーズ。約1年半ぶりの新作で採り上げるのは「もっと皆に読んでほしい」イタリアの作家、チェーザレ・パヴェーゼの遺作。公募と選考により選出した俳優2名を加えて、少し装いも新たにお届けします。
ストーリー 街と丘のあいだにある背の高い樹がなくなった今年の夏は、祭りの音がよく聞こえる。

刈り入れを控え、つかの間ねむる子どもたちの傍らで、
留守を預かる農夫頭はいささか緊張しているようにも見える。

農協のひとがやってきた。保険の話をするためだ。

加入者がどうとか被保険者がどうだとか、難しい話はさっぱり進まない。
でも、奥さんはふと気づくのだ。
―このしたり顔でしゃべる背広の男だっても、結局は農協の代理人に過ぎないじゃないか。

話は進まなくとも季節はめぐる。
祭りが引ければ、果樹の手入れも始めなくちゃならない、本格的に。
スタッフ 原作:チェーザレ・パヴェーゼ「月とかがり火」
脚本・演出・音響:北島 淳
舞台監督:釈迦谷 智
美術・人形制作:丸山 ともき
美術:河村 和広,窪田 敦之(劇団ケッペキ)
照明:真田 貴吉
制作:作田 京子
製作:蚤の市
キャスト 浦島 史生(柳川)
延命 聡子
柿谷 久美子
河西 美季
桐山 泰典(やみいち行動/中野劇団)
田中 浩之(Will Be SHOCK Entrance Gate)
筒井 加寿子(ルドルフ)
永榮 紘実
お問い合わせ ナントカ世代
090-7151-7107 / 075-801-3360
sedai@jv.main.jp
ナントカ世代
アトリエ劇研
075-791-1966

チケット発売日

2013年5月10日(金)

入場料金

一般前売1,800円/ペア前売2,800円/学生前売1,300円/一般当日2,300円/学生当日1,800円(全席自由・税込)

初日に限りご予約で300円引き

チケット発売窓口

ナントカ世代 075-801-3360

チケット販売サイトへ

京都芸術センター 075-791-1966
窓口販売のみ、10:00-20:00

チケット販売サイトへ

予約専用フォーム(ナントカ世代) 075-801-3360

チケット販売サイトへ

当日券情報 前売状況により販売制限あり。
割引情報 初日はご予約の方に限り300円引き

公演日程

2013年6月21日(金) 〜 6月23日(日)

2013年6月

16 17 18 19 20 21
  • 19:00☆
  •  
  •  
22
  • 14:00
  • 19:00
  •  
23
  • 13:00
  • 17:00
  •  
24 25 26 27 28 29
☆・・・予約に限り300円引き

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=28694

トラックバック一覧