鎌倉能舞台『能を知る会 鎌倉公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鎌倉能舞台

『能を知る会 鎌倉公演』「裏切られた恋」

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年11月9日(土)
会場 鎌倉能舞台
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-5-13
PR・解説 今回の公演は女性の嫉妬をテーマの公演です。現代のドラマではドロドロの愛憎劇になりそうなテーマを狂言や能ではどう表現するか、また嫉妬に狂った女性がどのように鬼に変化して行くかをご覧戴きます。 捨てた男が悪いのか、捨てられた女が悪いのかはお客様のご判断にお任せいたします!
ストーリー [葵上]
光源氏の正妻葵上は原因不明の病に苦しんでいた。
そこで照日巫女に葵上に取り憑いた者の正体を憑依させると、それは賀茂祭で葵上との車争いで敗れた六条御息所の生霊だった。 御息所は怨霊となり葵上を連れ去ろうとするが一度は巫女がそれを押しと止める。
事の重大さに横川小聖が呼び出され加持(祈祷)をすると鬼女の姿となった御息所が現れ再び葵上に襲いかかる。しかし小聖の法力により怨霊は再び現れない事を誓い姿を消す。

[鐵輪]
夫に捨てられた女が復讐のため貴船神社に丑刻詣をする。
ある夜神主が現れ「頭に鉄輪を載せ炎を戴き、紅い衣を身に纏い顔には丹(赤)を塗り、 怒る心を持てば望みは叶う」と告げると、女は今宵こそあの男の最後と喜び自宅に戻る。
その相手の男は毎晩悪夢に苦しめられており安倍晴明を訪ね、夢を占って貰うと「女の恨みで命も今夜限り」と告げられたので、男は晴明に祈祷を懇願し、晴明は祭壇に男と新しい妻の人形を置き一心不乱に祈る。
やがて鬼と化した女が現れ祭壇の人形を打ち据えるが三十番神の威光に恐れて、「時節を待つべし」と言い捨てて姿を消す。
スタッフ 狂言方:山本泰太郎 遠藤博義 山本則重

ワキ方:森常好 則久英志

囃子方:大倉慶乃助 観世新九郎 小寺真佐人 寺井宏明

シテ方:中森貫太 奥川恒治 遠藤喜久 永島充 佐久間二郎 小島英明 桑田貴志 坂真太郎 新井麻衣子 中森健之介
キャスト 朝の部演目:
解説:「女の情念」 中森貫太/狂言:「二九十八」 山本泰太郎 /能:「葵上」 中森貫太

昼の部演目:
解説:「女の情念」 中森貫太 /狂言:「因幡堂」 山本則重 /能:「鐵輪(かなわ)」 坂真太郎
お問い合わせ 鎌倉能舞台
0467-22-5557
webmaster@nohbutai.com
鎌倉能舞台HP

チケット発売日

2013年5月27日(月)

入場料金

入場料5,500円(全席自由・税込)

プラス千円で座席のご予約を承ります。座席指定の予約ご希望の方は、鎌倉能舞台事務所宛にお電話でお申し込みください。

鎌倉能舞台の座席表はこちら 
http://www.nohbutai.com/contents/01/kamakura_zaseki.pdf

チケット発売窓口

鎌倉能舞台 0467-22-5557

チケット販売サイトへ

イープラス 朝の部「葵上」

チケット販売サイトへ

イープラス 昼の部「鉄輪」

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年11月9日(土)

上演時間 各回 約2時間半

2013年11月

3 4 5 6 7 8 9
  • 10:00
  • 14:00
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29235

トラックバック一覧