もくれん朗読一座『追憶のラブレター』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

もくれん朗読一座

いずみもくれん朗読一座★書き下ろし新作

『追憶のラブレター』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年6月16日(日)
会場 阿佐ヶ谷よるのひるね
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-13-4
PR・解説 もくれん朗読一座は、泉美木蘭が朗読用に執筆したオリジナル作品を、ライブ形式で朗読しています。

朗読小説 『追憶のラブレター』

作:泉美木蘭
朗読:高橋一路、泉美木蘭

そろそろ新作を書き下ろすことにしました。
それも、恥ずかしくなるくらい、オーソドックスな物語を。
テーマは「恋文」です。
これは、ある夫婦の物語。
失われた過去の記憶。恋文が通わすふたりの心。
届け、きみのぜんぶに、愛。

泉美木蘭(いずみもくれん)
ストーリー リストラの翌日、行方不明となり瀕死の状態で保護された夫。
命はとりとめるも心因性の記憶障害を患い、愛する妻のことがわからなくなる。
一日の大半を自室にこもって過ごす夫のため、妻は涙を封印し、記憶をとりもどすべく懸命に試行錯誤をつづけるが、失敗ばかり…。
そんなある日、妻は夫をふたりの思い出の海岸へ連れ出し、波打ち際に佇む小さな瓶を見つける。
瓶の中には拙い子供の字でつづられた手紙。これに興味を抱いた夫は、添えられた住所に宛て、手紙を書く。
やがて、夫のもとに瓶の手紙の主であるという女性から返事が届く。
「あの手紙は、自分が20年以上前に『未来の自分』に宛てて出したもの。この奇跡的な出会いに感動しています。あなたのこと、もっと知りたい」
そして夫は、献身的な妻をよそに、この女性と、手紙をとおして心を通わせはじめる――。
スタッフ 作:泉美木蘭
キャスト 朗読:泉美木蘭、高橋一路

◆泉美木蘭(いずみ・もくれん)
作家。1977年、三重県生まれ。
都内デザイン会社就職後、すぐ倒産したため、1999年イベント企画会社を起業、経営の仕方がわからず1年ですばやく倒産。
巨額の借金返済のために迷走しながら、ネット上に日記サイトを開設。平成17年、同サイトの書籍化を機に作家・ライターとして活動。
著作に『オンナ部』(バジリコ)、『会社ごっこ』(太田出版)、『こうゆう駄目。』(太田出版)、『エム女の手帖』(幻冬舎アウトロー文庫)等。
ブロマガ小林よしのりライジングにて『もくれんの…ザ・神様!』連載中。ニコニコ生放送『よしりんに、きいてみよっ!』隔週金曜出演中。

◆高橋一路(たかはし・いちろ)
俳優。1978年、神奈川県出身。
NHK「タイムスクープハンター」シーズン4 第7回「走れ!散髪ポリス(明治時代)」小宮山重蔵役
NHK「タイムスクープハンター」シーズン5 出演
映画「ヴァージン」(20代編「ゴージャス・プリンセス!」) カリスマ不細工童貞芸人カリフラワー役
TBS 「夢の扉」 番宣CМ 早口過ぎる伊能忠敬役等
お問い合わせ 阿佐ヶ谷よるのひるね
03-6765-6997
yorunohirunepro@gmail.com
よるのひるね
もくれん朗読一座
mokuren_web@yahoo.co.jp
もくれん朗読一座の創作朗読会

チケット発売日

2013年5月28日(火)

入場料金

1,300円(全席自由・税込)

入場時にチケット代別途500円

チケット発売窓口

阿佐ヶ谷よるのひるね 03-6765-6997
よるのひるね( yorunohirunepro@gmail.com )まで、「追憶のラブレター予約」と明記の上、代表者名と人数を送信ください。
当日券情報 開演20分前より会場にて販売。ご予約満席の場合はお立ち見となります。
割引情報 ご予約の方は、入場料300円割引

公演日程

2013年6月16日(日)

2013年6月

16
  • 18:30
  •  
  •  
17 18 19 20 21 22

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29253

トラックバック一覧