劇団唐ゼミ☆『夜叉綺想(やしゃきそう)』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団唐ゼミ☆

浅草公演

『夜叉綺想(やしゃきそう)』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年7月13日(土)〜7月21日(日)
会場 浅草花やしき裏 特設テント劇場
〒111-0032 東京都台東区浅草2-28-1
PR・解説 劇団唐ゼミ☆が今回挑むは
唐十郎、最凶の奇想天外!
『夜叉綺想』
40年もの間、再演されることのなかった隠れた名作に光をあてます。

6月は長野、7月は浅草へ!

青テントに繰り広げられる唐十郎・闇の復讐譚、
ご期待ください。
ストーリー 場末の映画館ロビーで、
青年・野口は女に声をかけられる。
「ねい、ちょいと。都コンブを買いはしませんでしたか?」

たったそれだけの縁で、牛乃京子(うしの きょうこ)は自分が万引きで補導されるや、
野口青年を身元引受人に指名した。
京子の虚言に巻き込まれ、彼女のアパートまで誘われる野口。

実は、野口と京子にはある因縁があった。
野口の兄・野口博士の手術によって
前頭葉にメスを入れられた京子の兄・牛乃ゴーシュは、以来ずっとチェロを手離さず、
「愛の讃歌」ばかりを弾きつづける廃人にされていたのだ。

人に飲ませれば毒薬となる水銀を手に、
京子は古代信州より受け継がれた魔女の血をたぎらせる。

いま、最新鋭科学者たちへの復讐戦がはじまる!
スタッフ 作・監修/唐十郎  演出/中野敦之  舞台・美術/安達俊信  美術協力/車田幸道、岩井田夏帆  照明/斉藤亮介、中條愛  音響/金川美咲  劇中歌/安保由夫  編曲/奥西佑規  ヴォイス/やまもとのりこ  衣装/砂田和美  チラシ作成/k.徳鎮
キャスト 椎野裕美子 禿恵 安達俊信 重村大介 熊野晋也 西村知泰 入谷入山 金川美咲 津内口淑香 鷲見武 虎玉大介 東侃輝 竹田邦彦 さくら 伊達史子 武藤友祈子 林麻子 金純樹 松田信太郎 Zackie☆彡
お問い合わせ 劇団唐ゼミ☆
090-9803-9409
karazemi@yahoo.co.jp
唐ゼミホームページ

チケット発売日

2013年5月26日(日)

入場料金

前売3,200円/当日3,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団唐ゼミ☆ 090-9803-9409

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:428-408

チケット販売サイトへ

当日券情報 17時から販売。
割引情報 ※3人以上の同日のご予約→ご一緒のお会計で300円引き。(劇団予約のみ)
※観劇当日、チケット提示で花やしき入園料無料。(受付14時〜)

公演日程

2013年7月13日(土) 〜 7月21日(日)

2013年7月

7 8 9 10 11 12 13
  • 18:00
  •  
  •  
14
  • 18:00
  •  
  •  
15
  • 18:00
  •  
  •  
16
  • 休演
17
  • 休演
18
  • 休演
19
  • 18:00
  •  
  •  
20
  • 18:00
  •  
  •  
21
  • 18:00
  •  
  •  
22 23 24 25 26 27
17:30開場 整理番号順に入場

【長野公演】
6/29(土).30(日) 
長野市ごんどう広場特設テント
17時30分開演 前売2000円

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29308

トラックバック一覧