観世九皐会『大阪観世九皐会』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

観世九皐会

『大阪観世九皐会』「野宮」「野守」

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年10月5日(土)
会場 大槻能楽堂
〒540-0005 大阪府大阪市中央区上町A番7号
PR・解説 能楽・観世流の一派である観世九皐会の大阪公演。
観世喜之の門弟と、関西で活躍する能楽師を中心に上演する。
「源氏物語」に取材する、六条御息所の霊の深い切なさや、恋の妄執をしっとりと描く、秋の風情に満ちた曲「野宮」。
古来より鏡は不思議な力を宿すといわれてきた。大和国・春日野、「野守の鏡」といわれた池水のほとりを舞台に、鬼神が現れて力強く大地を踏み抜く。
ストーリー 能「野宮」(ののみや)
 かつて光源氏が嵯峨野の野宮にいた六条御息所を尋ねた長月七日、諸国行脚していた僧は六条御息所の霊に出会い、葵上との車争いの物語などを聞いて霊を回向する。

狂言「文荷」ふみにない
 主人から預かった恋文を運ぶ太郎冠者と次郎冠者の物語。能「恋重荷」をパロディ化した狂言。

野守 のもり Nomori
 出羽国羽黒山の山伏が大和国春日の里で、一人の老翁に出会い、この世のすべてを映すという「野守の鏡」と呼ばれる清水の由来を聞く。やがて鬼神が真の野守の鏡を持って現れ、あらゆる世界の様相を鏡に映した後、大地を踏み破り、奈落の底へと消え失せる。
キャスト 塩谷惠・長山耕三・観世喜之・長山禮三郎・小林喜久・藤村昌子・西出明雄
森本幸冶・喜多雅人・茂山あきら・茂山茂・茂山逸平・茂山童司・網谷正美・増田浩紀
赤井啓三・荒木賀光・辻 芳昭・野口 亮・清水晧祐・山本哲也・上田 悟ほか
お問い合わせ 観世九皐会(矢来能楽堂事務所)
03-3268-7311
yarai@eos.ocn.ne.jp
観世九皐会(矢来能楽堂)ホームページ

チケット発売日

2013年6月9日(日)

入場料金

一般自由席5,000円/学生自由席2,000円(全席自由・税込)

学生券は当日、要学生証提示。未就学児童入場不可。

チケット発売窓口

観世九皐会 (矢来能楽堂事務所) 03-3268-7311
電話予約後、郵送可。

ホームページよりオンラインチケットでも販売中。(セブンイレブンにて受取)

チケット販売サイトへ

カンフェティチケットセンター 0120-240-540
(セブンイレブンにて受取)

チケット販売サイトへ

大槻能楽堂 06-6761-8055
来場にて現金精算のみ販売。
当日券情報 開宴1時間前より会場受付にて販売

公演日程

2013年10月5日(土)

上演時間 約4時間20分(途中休憩2回あり)

2013年10月

    1 2 3 4 5
  • 13:00
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29531

トラックバック一覧