99roll『ワンダーブルーシップ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

99roll

99roll vol.3 劇場で見る絵本の世界act...2

『ワンダーブルーシップ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年8月23日(金)〜8月24日(土)
会場 APOCシアター
〒156-0054 世田谷区桜丘5-47-4
PR・解説 「劇場で見る絵本の世界」シリーズは絵本を「演劇」にすることで、絵本の奥深い世界を劇場空間に広げてみる試みとして始まりました。
 第二弾の今回は、中東の紛争地帯で生活する人々を描いた絵本をもとに「命の大切さ」「生きる希望」をテーマにお送りします。
 今もなお、戦争という暴力・悲しみ・恐怖と幼くして向かい合わなければならない子供たちがたくさんいること、難民として苦しい生活をしている人々がいることを、あらためて知る機会になればと思います。
ストーリー  本作『ワンダーブルーシップ』は、絵本「ともだちのしるしだよ」との出会いから生まれました。「ともだちのしるしだよ」は、アフガニスタンとパキスタンの間にあるペシャワールの難民キャンプで過ごす少女リナとフェローザの出会いと友情を描いた絵本作品です。リナとフェローザはそれぞれに、自分の国「アフガニスタン」の戦渦を逃れて、難民キャンプにやってきます。世界の難民の三分の一は「アジア」の難民。アフガニスタンは、その中でも一番難民の多い国です。
 『ワンダーブルーシップ』は、二人の少女が、「黄色い義足のクマ」と一緒に大海原へと航海に旅立つ、「友情と冒険の物語」です。
 監修の和田善夫さん、ベテランスタッフ、ワークショップオーディションを経て出会った九人のキャストが、遠いかの地に住む少女たちと手をつなぎ、劇場に飛び出します。
スタッフ 【作・構成】菅野直子
【監修】和田善夫
【音響】荒木まや
【照明】板谷静男
【舞台美術デザイン】大沢佐智子

【後援】世田谷区教育委員会
キャスト 石本径代
井上英行
上野智子
小島万智子(A−LIGHT)
佐渡島明浩
椎葉貴子
関根好香(思考動物)
田邉佳祐
福田桂子(スターダス・21カンパニー)
お問い合わせ 99roll (ククロール)
070-5574-5712 / 070-5560-9137
info@99roll.org

チケット発売日

2013年7月10日(水)

入場料金

小人[小学生以下]500円/大人[中学生以上]前売り2,800円/大人[中学生以上]当日3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

99roll 070-5574-5712

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年8月23日(金) 〜 8月24日(土)

上演時間 約1時間20分

2013年8月

18 19 20 21 22 23
  • 13:00★
  • 19:30
  •  
24
  • 13:00★
  • 18:00
  •  
★こどもシートあり!!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29580

トラックバック一覧