社団法人観世会『観世会定期能』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

社団法人観世会

観阿弥生誕680年 世阿弥生誕650年

『観世会定期能』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年8月4日(日)
会場 観世能楽堂
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-16-4
PR・解説 能の大成者である観阿弥・世阿弥から約600年の伝統をうけつぐ流派、観世流。観世会は1900年(明治33年)に設立され、現在、二十六世宗家 観世清和を筆頭に66名の観世流シテ方能楽師によって構成されています。
観世会定期能は、春四月・秋十月を除く、毎月第一日曜日に開催されている、当会会員を中心に全国の観世流を代表する演者が出演する能公演です。
8月公演では恒例となりました蝋燭能で「鵜飼」を上演いたします。蝋燭の明かりでより幻想的に見える舞台をお楽しみください。

なお、当日空席が出た場合、「鵜飼」よりご入場いただけるハッピーアワーチケット(一般3,000円・学生1,500円)を13時30分より販売いたします。販売の有無は当日観世会ホームページにてご案内いたします。
ストーリー 【能 小督 替装束】
源仲国は、宮中より身を隠した小督局を捜すようにとの勅命を受け、嵯峨野へ赴く。十五夜、夫を思う曲である「想夫恋」を奏でる琴の音を頼りに小督を見つけた仲国は、小督に帝の文を渡し、返事を預かる。そして名残りの酒宴で舞を舞い、都へ帰る。
【狂言 蚊相撲】
大名は新しい召使を召し抱えるため、太郎冠者を海道へ使いに出す。するとそこへ、江州守山に住む蚊の精が人の血を吸おうと人間の姿となり通りかかり、太郎冠者はそうとは知らずに連れ帰る。大名は新参者が得意だという「相撲」を見たいと思うが、誰も相手がいないため自分が相撲を取ることになり・・・。
【能 松風 戯之舞】
須磨の浦を訪れた旅僧の前に現れた海士の姉妹、松風・村雨の霊は、かつてこの浦に流されていた在原行平への恋慕の情を語る。やがて松風は行平の形見の衣を纏うと、狂おしく舞う。そして妄執の苦しみを述べ僧に回向を頼み、夜明けとともに消え失せる。
【蝋燭能 鵜飼 空之働】
旅僧一行は石和川にて鵜使いの老人に出会う。その老人は殺生禁断の川で漁をしたために殺された鵜使いの亡霊であった。鵜使いの霊は旅僧に生前のように鵜を扱う様を見せ、闇へ消える。やがて弔いをする僧の前に閻魔大王が現れ、法華経の効力により鵜使いを成仏に導いたことを告げ、法華経を礼賛する。
キャスト 【能 小督 替装束】 源仲国 観世清和/小督局 角幸二郎/侍女 坂口貴信/勅使 福王和幸/里人 山本則重/後見 木月孚行/地頭 谷村一太郎/笛 一噌隆之/小鼓 鵜澤洋太郎/大鼓 佃良勝
【狂言 蚊相撲】 大名 山本泰太郎/太郎冠者 遠藤博義/蚊の精 山本則秀
【能 松風 戯ノ舞】 松風 観世恭秀/村雨 坂井音雅/旅僧 殿田謙吉/浦人 山本則重/後見 関根祥六/地頭 角
お問い合わせ 観世能楽堂
03-3469-5241
kanze.net

チケット発売日

2013年6月2日(日)

入場料金

S指定席12,500円/A指定席9,000円/B指定席7,000円/学生席(B指定席)4,200円(全席指定・税込)

なお、当日空席が出た場合、「鵜飼」よりご入場いただけるハッピーアワーチケット(一般3,000円・学生1,500円)を13時30分より販売いたします。販売の有無は当日観世会ホームページにてご案内いたします。

チケット発売窓口

観世能楽堂 03-3469-5241

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年8月4日(日)

上演時間 終了予定 午後4時30分

2013年8月

4
  • 11:00
  •  
  •  
5 6 7 8 9 10

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29630

トラックバック一覧