日本劇作家協会『劇作家協会公開講座2013年夏』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

日本劇作家協会

『劇作家協会公開講座2013年夏』「劇場でワークショップを」+「新人戯曲賞ドラマリーディング」

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年8月3日(土)〜8月4日(日)
会場 座・高円寺
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
PR・解説 夏の恒例の公開講座。ワークショップとドラマリーディングの2日間です。
8月3日(土)には、長谷基弘による劇が生まれるプロセスを体感するWSと、
中屋敷法仁による劇場空間の可能性から創作のヒントを探るWS。
劇作を志す方はもちろん、舞台を創り手の側から見てみたい方にも
おすすめです。

翌日4日(日)には、今年で19回目を迎える新人戯曲賞を取りあげます。
時代によって変わる“今”と、時を経ても変わらない“今”が感じられる、
12年前の佳作と昨年の受賞作の連続リーディングを行ないます。
審査員経験者たちによる、戯曲審査を巡るトークイベントも開催。
作・演出・出演は、劇作家協会ならでは豪華な顔合わせ。
けれどお越しになりやすい料金です。ぜひご来場ください。
ストーリー ◎ 8月3日(土)《劇場でワークショップを》

▼ ──14:00ー17:00
ワークショップ「ことばから、ことばと身体を生み出す」
 [講師] 長谷基弘

▼ ──18:00ー20:00
「舞台を体験するワークショップ」
 [講師] 中屋敷法仁
 [出演] 深谷由梨香(柿喰う客)

◎8月4日(日)《劇作家協会新人戯曲賞ドラマリーディング》

▼ ──16:30ー18:00
『沙羅、すべり』(2001年度佳作)
…… 「彼らはそうでなければならなかった」ことを、作者の想像力の
エネルギーが感じさせる。(坂手洋二/2001年度選評より抜粋校正)
 [作] 芳?洋子
 [演出] 坂手洋二、芳?洋子
 [出演] 円城寺あや、竹下景子、辰巳琢郎、菜月チョビ(劇団鹿殺し)、
 松永玲子(ナイロン100℃)、森下亮(クロムモリブデン)、山村涼子(デス電所)

▼ ──18-30ー19:30
『見上げる魚と目が合うか?』(2012年度受賞作)
…… ここに表されているのは、3.11以降により切迫したものとなった
現代の普遍的な煩悶である。(マキノノゾミ/2012年度選評より抜粋校正)
 [作] 原田ゆう
 [演出] マキノノゾミ
 [出演] 占部房子、岡森諦(扉座)、三鴨絵里子(ラッパ屋)

▼ ──19:45ー21:00(終了予定)
トークイベント「劇作家が戯曲を審査する」
…… 劇作家協会新人戯曲賞の最終審査は、なぜ公開なのか?
審査員を引き受けるときの思いは? 賞と審査についてどう考えているのか? 存分に語り合う。
 [出演] 鴻上尚史、小松幹生、坂手洋二、マキノノゾミ
 [聞き手] 樋口ミユ
お問い合わせ 劇作家協会 事務局
03-5373-6923
sec-02@jpwa.jp
日本劇作家協会公式サイト

チケット発売日

2013年7月13日(土)

入場料金

3日(土)14:002,000円/3日(土)18:001,000円/4日(日)16:301,000円/4日(日)18:301,000円/4日(日)19:45500円(全席指定・税込)

** ドラマリーディングにご来場の方は、トークは無料になります。

チケット発売窓口

日本劇作家協会 03-5373-6923
サイトに設置の予約フォームよりお申込みください

チケット販売サイトへ

割引情報 杉並区民・劇作家協会会員割引あり。2,000円→1,800円/1,000円→900円

公演日程

2013年8月3日(土) 〜 8月4日(日)

2013年8月

        1 2 3
  • 14:00A
  • 18:00B
  •  
4
  • 16:30C
  • 18:30D
  • 19:45☆
5 6 7 8 9 10
A:ことばから、ことばと身体を生み出す
B:舞台を体験するワークショップ
C:沙羅、すべり
D:見上げる魚と目が合うか?
☆:トークイベント「劇作家が戯曲を審査する」

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29761

トラックバック一覧