(公財)高松市文化芸術財団、高松市『平成25年度サンポートホール高松主催事業「iSAMU」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

(公財)高松市文化芸術財団、高松市

瀬戸内国際芸術祭2013関連事業

『平成25年度サンポートホール高松主催事業「iSAMU」』20世紀を生きた芸術家イサム・ノグチをめぐる3つの物語

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

“うどん県それだけじゃない香川県”
宮本亜門が語る「世界も驚くアートの香川」をチェックしてから、劇場へお越しください!!

公演データ

公演期間 2013年8月30日(金)
会場 サンポートホール高松
〒760-0019 香川県高松市サンポート2-1
PR・解説 宮本亜門が創りだすイサムの世界
影響しあい、響きあい、変化する・・・。

これまで「イサム・ノグチ」を舞台化するにあたり、2011年から、その創作は始まりました。様々なアプローチで「イサム・ノグチ」をどう描けばよいのか、試行錯誤を繰り返してきました。それは彼の思考があまりにも壮大さゆえのジレンマでもありました。その試行錯誤の末、見いだした「イサム・ノグチ」がこの本公演で結実します。イサム・ノグチという存在は、そんな簡単に理解できる存在ではありません。しかし、彼が目指したビジョンはもしかしたら私たちの中に常に在り、私たちが欲しているものと同じかもしれません。

多くの人、社会と関わり、影響しあい変化するのが私たちの人生だとするならば、その出合いは人生が変わる瞬間、あるいは変わった瞬間だったかもしれません。
彼の人生も多くの人と出合い、影響しあい、あるときは響きあい、あるときは不協和音となる。イサム・ノグチが発したさまざま人生の音色を紡ぎながら、この舞台は流れていきます。

影響しあい、響きあい、変化するイサム・ノグチの物語。ご期待ください。
ストーリー 20世紀を生きた芸術家 イサム・ノグチ
機で布を織るように絡み合い響きあう。
イサムをめぐる3つのストーリー、そして3人の女性。
日本人の父とアメリカ人の母の間に生まれ、波乱万丈の人生を歩んだ芸術家、イサム・ノグチ。その人生の断片と、現代のニューヨークでイサムの作品に触れる人々の物語を交錯させながら、人物像とその芸術の根底に流れる原泉を探る物語。物語は3つのストーリーの断片が組み合わさりながら進行。

幼少のイサム レオニー・ギルモア(ジュリー・ドレフュス)とイサム
1910年代。第一次世界大戦最中。
イサムは二歳の時に母・レオニーに連れられ日本の土を踏み、13歳まで日本で育つ。父・野口米次郎はすでに別の女性と結婚しており、イサム母子の来日を歓迎してはいない。孤独の中でイサムを育てるレオニー。そんな中、イサムは母の影響を受け芸術家への第一歩を踏み出す。イサムの原風景となった子供時代の記憶の断片を、幻想的なイメージで描く。

そして日本へ 山口淑子(美波)とイサム
1950年代前半。第二次世界大戦後の復興中の日本
芸術家として一定の成功を収めたイサムの人生は、ひとつのピークを迎えつつあった。私生活では戦前に「李香蘭」の名で知られた女優・山口淑子と結婚。広島の原爆慰霊碑のデザインという彼にとって意義深い仕事を手がけることにもなり、これまで自分の居場所というものを持てずに(持たずに)いたイサムは、遂に安住の場所を見つけたかに思えるが、そんな時期は長くは続かず、結局多くのものを失ったイサムは、やがて新たな芸術に向かって再び邁進。

レッドキューブ 一人の日本人女性(小島聖)とイサム
現代 9.11以降のニューヨーク
証券会社に務めるひとりの日本女性を中心に物語は進む。9・11で父親を失っている彼女は、予期せぬ妊娠という事実に直面して不安定な状態にあった。仕事一辺倒だった父に対する愛憎、異国で仕事に邁進する日々の中で抱える孤独感。夫は誠実な男性だが、彼女の苦しみを和らげることは出来ない。そんなある日、彼女はこれまで目に留めることのなかったイサムの作品―ウォール街に設置された「レッド・キューブ」―の存在に気づく。それが何を意味するものなのか、彼女にはわからない。しかしその作品に込められたイサムの精神は、時空を越え彼女の心にささやかな影響を与える。
スタッフ 原案・演出:宮本亜門、脚本:鈴木哲也、宮本亜門、美術:伊藤雅子、衣裳:堂本教子、音楽:吉田関人、映像:泰永優子、栗山聡之、照明:渥美友宏、音響:中島正人、ヘアメイク:川端富生、演出助手:陶山浩乃、草光純太、舞台監督:高梨智恵美、プロデューサー:毛利美咲、製作:山崎浩一、企画製作:株式会社パルコ
キャスト 窪塚洋介、美波、ジュリー・ドレフュス、小島聖、ボブ・ワーリー、大森博史、犬飼若博、神農直隆、植田真介、天正彩、池袋遥輝(子役)他
お問い合わせ サンポートホール高松 
087-825-5010
サンポートホール高松

チケット発売日

2013年6月21日(金)

入場料金

一般6,000円(全席指定・税込)

前売・当日とも6,000円

チケット発売窓口

ローソンチケット
l-tike.com
Lコード:65981
サンポートホール高松プレイガイド 087-825-5008
※チケットの郵送も承ります。サンポートホール高松プレイガイドへお問い合わせ・ご予約ください。(年末年始・臨時休業日以外無休/9:00〜18:30)
※車椅子席は、サンポートホール高松プレイガイドのみで販売します。
高松市役所生協 087-839-2043
平日のみの取り扱いとなります。
丸亀市民会館 0877-23-4141

公演日程

2013年8月30日(金)

2013年8月

25 26 27 28 29 30
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
31
19:00開演(18:30開場)

■平成25年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29848

トラックバック一覧