新派名作撰『婦系図』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

新派名作撰

『婦系図』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年10月10日(木)〜10月25日(金)
会場 三越劇場
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店本館6F
PR・解説 「湯島の境内」で有名なお蔦と主税の悲恋を軸に、二人を取り巻く人々を描いた名作『婦系図』。
新派の代表作のひとつとして長年に亘り愛され、本年生誕百四十年を迎えた泉鏡花の世界に、春猿、月乃助、笑三郎が新たな息吹を吹き込みます。
明治情緒溢れる名場面、名台詞とともにお楽しみください。
ストーリー ドイツ語学者の早瀬主税(ちから)(市川月乃助)と元芸者のお蔦(つた)(市川春猿)は相思相愛で、一緒に暮らしはじめました。
主税がお蔦と生活していることは、主税の恩師、酒井俊蔵(立松昭二)には内緒であり、人目を忍んでの生活ではありましたが、姉芸者小芳(こよし)(市川笑三郎)の助けもあり、二人はつつましくも幸せに暮らしています。

一方、酒井の娘妙子(瀬戸摩純)に河野英吉との縁談話が持ち上がります。
河野家は家柄を鼻にかけながらも、内情は乱れており、河野家の不遜な態度につけても、主税は不愉快でした。

お蔦と主税のささやかな生活は、やがて酒井の知るところとなります。主税にとって、酒井は大恩人。
「女を捨てるか、俺を捨てるか」と真剣に迫る酒井に、主税は心を決めるのでした…。
スタッフ 作:泉 鏡花
補綴・演出:成瀬芳一
キャスト お蔦:市川 春猿
早瀬主税:市川月乃助
めの惣:田口 守
おます:伊藤 みどり
酒井俊蔵:立松 昭二
妙子:瀬戸 摩純
小芳:市川笑三郎

柳田 豊 森本 健介 高橋 よしこ
鈴木 章生 児玉 真二 川上 彌生 山吹 恭子 石原 舞子
お問い合わせ 三越劇場
0120-03-9354

チケット発売日

2013年8月31日(土)

入場料金

全席指定8,500円(税込)

チケット発売窓口

チケットホン松竹 ナビダイヤル0570-000-489(10:00〜18:00)
または 東京03-6745-0333

※窓口販売・お引取は9月2日(月)から。

チケット販売サイトへ

チケットWeb松竹

チケット販売サイトへ

三越劇場 9月1日(日)前売開始
0120-03-9354(10:00〜18:00)
※前売初日は、お電話・インターネット予約のみ

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:430-359

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
Lコード:32024
e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)
その他プレイガイド情報 8月31日(土)10:00より電話・Web受付開始
当日券情報 当日10時より劇場にて販売

公演日程

2013年10月10日(木) 〜 10月25日(金)

上演時間 約3時間10分
(休25分、15分)

2013年10月

6 7 8 9 10
  •  
  • 12:00
  •  
11
  • 11:00
  •  
  • 15:00
12
  • 11:00
  •  
  • 15:00
13
  • 11:00
  •  
  • 15:00
14
  • 11:00
  •  
  • 15:00
15
  • 11:00
  •  
  •  
16
  • 11:00
  •  
  • 15:00
17
  • 11:00
  •  
  • 15:00
18
  • 11:00
  •  
  • 15:00
19
  • 11:00
  •  
  • 15:00
20
  • 11:00
  •  
  •  
21
  • 11:00
  •  
  • 15:00
22
  • 11:00
  •  
  • 15:00
23
  • 11:00
  •  
  • 15:00
24
  • 11:00
  •  
  • 15:00
25
  • 11:00
  •  
  •  
26

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29867

トラックバック一覧