遊園地再生事業団『夏の終わりの妹』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

遊園地再生事業団

遊園地再生事業団#19

『夏の終わりの妹』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年9月13日(金)〜9月22日(日)
会場 あうるすぽっと
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
PR・解説 宮沢章夫主宰の遊園地再生事業団は、新作「夏の終わりの妹」を、9月にあうるすぽっとで上演します。
沖縄を舞台にした大島渚監督の映画『夏の妹』をモチーフに物語は進みます。
過去の沖縄と現在の沖縄、そして今混乱を深める東京。日本の状況を「インタビュー」という形式から浮かび上がらせ、また新しい舞台表現へと突き進んでいく所存です
 作・演出は宮沢章夫。キャストは、「ボクデス」としてパフォーマンスを行う小浜正寛、遊園地再生事業団には初参加となる松村翔子、エレキコミックのやついいちろう、遊園地再生事業団の上村聡と牛尾千聖。
ストーリー なぜインタビュアーの資格を取ろうとしたのか動機をたずねられても、謝花素子は、いまではもう自分でも、それがなぜだったか忘れていた。高田馬場にある古い映画館で『夏の妹』というやはり古い映画を観たのがきっかけだ。
 それを監督した人物に創作の動機を質問したいと思っていた。
 自分が生まれた島を舞台にした意味を知りたかった。いや、もっと単純な理由だ。ほんとは意味なんてどうでもよかった気がする。『夏の妹』は一九七二年の、自分が生まれるより十年も過去の作品だ。つまり沖縄が日本に返還された年だった。沖縄を舞台にした映画ならほかにも数多くあったが、『夏の妹』を観てもさっぱり意味がわからず、それはべつに、作品が難解だとか、実験的な作風といった種類の、映画の方法論といったことではない。なにしろ、謝花素子は映画のことなど詳しく知っているわけではなかった。
 自分が住む、東京都渋谷区汝滑町(ウヌヌメマチ)には、区内のほかのどの町にもないが、たまたま、インタビュアー資格制度があった。
 資格さえ取れば、誰にでも、どんなことでも質問ができるとインタビュアー資格制度を案内するパンフレットにはあった。同時に、資格がなければ汝滑町では、誰にも、どんなことも質問してはいけない。
 合格した日のことはあまり記憶にない。
 不合格した日をすべて覚えているわけではないが、ただ一度だけ、よく覚えている日があった。午前中に試験を終え、午後の二時過ぎに合否の発表がある。
 二十四度目の不合格の、その日のことをよく覚えていたのは、それが、その特別な年の三月十一日だったからだ。........
  コミュニティの崩壊したニュータウンでは誰もが遠慮なく質問する。うっとおしい質問だ。どうでもいい質問だ。だからインタビュアー資格制度が必要だ。
 だが、あの特別な日、謝花素子は資格を持っていなかった。
スタッフ 作・演出:宮沢章夫、美術:林巻子、音楽:杉本佳一(FourColor/FilFla)、照明:木藤歩、音響:半田充(MMS)、衣裳:山本有子、舞台監督:田中翼、演出助手:山本健介(ジエン社)、宣伝美術:相馬称、制作:金長隆子(ルアプル)
キャスト 小浜正寛、松村翔子、やついいちろう(エレキコミック)、上村聡(遊園地再生事業団)、牛尾千聖(遊園地再生事業団)
お問い合わせ 遊園地再生事業団/ルアプル
080-8470-5550
ticket@u-ench.com

チケット発売日

2013年7月27日(土)

入場料金

一般:前売4,500円/一般:当日5,000円/学生:前売3,000円/学生:当日3,500円/豊島区民割4,000円(全席自由・税込)

※学生は要学生証提示
※豊島区民割は在住・在勤要証明書提示、あうるすぽっとチケットコールのみ前売取扱

チケット発売窓口

遊園地再生事業団/ルアプル オンラインチケットサービス 080-8470-5550
ご予約前に、観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
予約後すぐに、お近くのセブン-イレブンでチケットを受け取れます。
代金はチケット受け取りの際にセブン-イレブンでお支払いいただきます。

チケット販売サイトへ

あうるすぽっとチケットコール 03-5391-0516
受付時間は10:00-19:00/3階劇場事務所にて販売/郵送不可
e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

カンフェティチケットセンター 0120-240-540
電話での受付時間 平日10:00〜18:00

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2013年9月13日(金) 〜 9月22日(日)

上演時間 約1時間35分

2013年9月

8 9 10 11 12 13
  •  
  • 19:00★
  •  
14
  • 14:00
  • 19:00★
  •  
15
  • 14:00★
  • 19:00
  •  
16
  • 休演
17
  •  
  • 19:00
  •  
18
  •  
  • 19:00
  •  
19
  • 14:00★
  • 19:00
  •  
20
  •  
  • 19:00
  •  
21
  • 14:00
  • 19:00
  •  
22
  • 14:00
  • 19:00
  •  
23 24 25 26 27 28
★終演後アフタートークあり。ゲスト詳細はルアプルwebサイトhttp://roa-polo.com/にてお知らせします

関連ページ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=29974

トラックバック一覧