ミナモザ『「彼らの敵」「ファミリアー」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ミナモザ

第14回公演

『「彼らの敵」「ファミリアー」』関西発進出

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年8月10日(土)〜8月11日(日)
会場 元・立誠小学校
〒604-8023 京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2
PR・解説 1991年3月、パキスタンのインダス川で川下りをしていた日本人大学生3人が
強盗団に誘拐される事件が起きました。
3人のうち1人は伝達係として解放されましたが、残りの2人は44日間、監禁されました。
2人のうちのひとりである服部貴康さんは、帰国後、週刊誌のカメラマンに追われ、
激しいバッシングにさらされ、苦悩する日々を送ることとなります。
しかし、大学卒業後に彼が選んだ道はまさにその「週刊誌カメラマン」でした。
これは、「私」と「彼ら」の中にある「敵」をめぐる物語です。

【服部貴康プロフィール】
1970年生まれ。愛知県出身。週刊誌専属カメラマンを経て、フリー。「人」と「土地」との関係をテーマに紀行、音楽、舞台などさまざまなフィールドで撮影をおこなう。2001年、『ただのいぬ。』(PIE BOOKS&角川文庫)を発表。2005年に世田谷区でおこなった「ただのいぬ。展」は入場者数5000人を数え、大きな反響を呼んだ。2009年には視覚障害者と写真をテーマにした「ふれる写真展」を企画・ディレクションした。国内外で写真展、ワークショップ、講演など多数。 

リーディング劇『ファミリアー』
作・演出 瀬戸山美咲
出演 中田顕史郎 大原研二(DULL-COLORED POP) 西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)
原案 服部貴康『ただのいぬ。』 

会期中4回、『彼らの敵』のモデルである服部貴康さんの写真集『ただのいぬ。』を原案とした40分のリーディング作品(2012年11月初演)を上演します。動物愛護センターに辿り着いた犬たちの運命を描いた作品です。上演後、瀬戸山美咲によるポストパフォーマンストークをおこないます。(『ファミリアー』のみの上演になります。ご注意ください)
ストーリー 今から22年前、僕はインダス川で誘拐された。

44日間の監禁生活。砂と水しかない場所。あいつは昨日殺された。僕は気が狂いそうだった。だからなるべく小さなことを考えた。おばあちゃんのこと、大学の履修登録のこと、松屋の牛丼のこと。そうしている限り、僕は僕のままでいられた。

44日後、僕は帰国した。僕はいつの間にか有名人だ。日本中からたくさんの手紙が届いた。太陽にかざせば「死ね」という字が浮かび上がって来るファンレターだ。パパラッチたちは今日もアパートの前にいる。

それからいくらか時間が経った。

「銃口」を向け続けられた僕は、ある日「銃」を手に入れた。

僕は、引き金を引くことにした。
スタッフ 舞台美術 原田愛
舞台監督 伊藤智史
照明 上川真由美
音響 前田規寛
演出助手 佐藤幸子
宣伝美術 郡司龍彦
宣伝写真 須田俊哉
制作 斎藤努 
京都制作協力 おさださちえ(みきかせプロジェクト)
共催 (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 立誠・文化のまち運営委員会
企画・製作 ミナモザ
キャスト 西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)、中田顕史郎、大原研二(DULL-COLOREDPOP)、山森大輔(文学座)、浅倉洋介、菊池佳南(青年団)
お問い合わせ ミナモザ
ミナモザHP

チケット発売日

2013年6月15日(土)

入場料金

一般3,300円/25歳以下2,500円/高校生以下1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

こりっち

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:430-027
当日券情報 当日件は開演の1時間前より発売いたします。

公演日程

2013年8月10日(土) 〜 8月11日(日)

2013年8月

4 5 6 7 8 9 10
  •  
  • 14:00
  •  
  • 18:00
11
  •  
  • 15:00
  •  
12 13 14 15 16 17

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30007

トラックバック一覧