青蛾館『毛皮のマリー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

青蛾館

寺山修司没30年記念認定事業

『毛皮のマリー』

  • 公演中
  • 割引情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年10月2日(水)〜10月6日(日)
会場 テアトルBONBON
〒164-0001 東京都中野区中野3-22-8
PR・解説 青蛾館は1984年の旗揚げから【寺山修司の初期戯曲作品】の上演を行ってきました。その寺山修司没後30年にあたる2013年を機に、一挙連続上演を試みるプロジェクトの第2弾として、寺山修司の代表作である『毛皮のマリー』の公演を行います。
青蛾館としては25年ぶりの上演となる本作品では、寺山修司に師事し1967年の初演に深く関わった森崎偏陸を演出に迎え、また、初演時に下男役で出演した怪優・山谷初男が46年前と同じ下男役で登場します。
回替わりでダブルキャストとなる欣也をはじめ、蒼白の美少年はすべてオーディションで選ばれた美形俳優たち。また、実験室◎天井桟敷を彷彿とさせる「美女の亡霊としての白波五人オカマ」にはWAHAHA本舗でも異彩を放つβ他、美しくも猥雑な、本物のオネエマンズたちが演じます。
そして主人公の伝説の男娼マリー役には、蜷川幸雄作品など大作の常連俳優でもあり、青蛾館主宰の“異能の女形”野口和彦。

寺山修司が生んだ昭和アバンギャルドの名作「毛皮のマリー」。美の追求とその宿命というテーマのもとにキャスト・スタッフが集結した本公演は、寺山修司直系による名作の正しい“復刻”となるのです。
ストーリー  伝説の男娼・毛皮のマリー(野口和彦)は美少年・欣也を自分の子供として育てている。 欣也は18歳。部屋から1歩も外に出たことが無く、マリーが応接間に放った蝶を捕まえては標本にする毎日。
 ある日、美少女・紋白が欣也を外の世界に連れ出して、あらゆる快楽を教えようとするが欣也は外へ出ることを拒む。その夜、マリーの下男(山谷初男)は醜女のマリーとなって、応接間の妄想世界で、美女の亡霊たちと踊り狂う。名も無い水夫との寝物語で、マリーは欣也の出生の秘密を吐露する。それを聞いた欣也は混乱し、紋白の首を絞めて殺して出て行く。
 欣也が出て行ったことに慌てふためき、取り乱すマリー。だが欣也はマリーの元に帰ってくるしかなかった。やがて欣也の運命は思わぬ方向へ向かって行く。
スタッフ 作/寺山修司 演出/森崎偏陸 構成/野口和彦、森崎偏陸 演出協力/野口和彦
音楽/落合敏行 ステージング・演出助手/横山清崇 所作指導協力/藤間貴雅 衣装/竹内陽子 ヘアメイク/川村和枝(P.bird) 美術/V銀太(graschat) イラスト/宮野美雅子 写真/米原敬太郎 宣伝美術/福田真一(DEN GRAPHICS) 照明/正村さなみ(ライズ) 音響/飯塚ひとみ 舞台監督/田中新一(東京メザマシ団) 制作協力/山田建太朗 プロデューサー/野口和彦 助成/芸術文化振興財団 主催/青蛾館
キャスト 野口和彦 山谷初男
朝戸佑飛 大島雅陽 大橋一輝 金純樹 
鋤柄拓也 聖毅 関健介 吉本輝海 我長次郎
(特別出演)平松豊 β 真崎美羅 HiRO 宮田大輝
お問い合わせ 青蛾館
080-1614-6114 / 090-7908-5546
kemmm@coo-chan.com
青蛾館WEB

チケット発売日

2013年9月2日(月)

入場料金

前売3,900円/当日4,400円/前売(学生・U22)3,300円/当日(学生・U22)3,800円/平日マチネ前売3,500円/平日マチネ当日4,000円/平日マチネ前売(学生・U22)2,900円/平日マチネ当日(学生・U22)3,400円/2回観劇チケット7,000円(全席自由・税込)

※2回観劇チケット、学生・U22割引券は劇団のみ取り扱い
※2回観劇チケットはご本人様のみのご利用となります
※学生・U22割引の御客様は当日身分証を拝見いたします

チケット発売窓口

青蛾館 080-1614-6114
メールでご予約の場合、seigakan@docomo.ne.jp へ御氏名・日時・枚数・券種をご明記のうえ送信してください(当日受付代引きでの御予約となります)
e+(イープラス)
eplus.jp
カンフェティ 0120-240-540
電話予約は平日10:00〜18:00 まで受付

チケット販売サイトへ

割引情報 10月3日、4日の平日昼公演は割引あり(一律400円引き)。

公演日程

2013年10月2日(水) 〜 10月6日(日)

2013年10月

    1 2
  • 19:30
  •  
  •  
3
  • 14:30☆
  • 19:30
  •  
4
  • 14:30☆
  • 19:30◎
  •  
5
  • 14:00
  • 19:00◎
  •  
6
  • 14:00
  •  
  •  
7 8 9 10 11 12
※ 受付開始は開演1時間前、開場は開演30分前
※ ☆は平日マチネ割引日、◎は出演者によるアフタートークあり

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30010

トラックバック一覧