劇団かかし座『オズの魔法使い』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団かかし座

『オズの魔法使い』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年8月17日(土)
会場 横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール
〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2シークレイン内
PR・解説 この夏、永遠のファンタジーに影絵の魔法がかかる!
ファンタスティックで最高にマジカル!
家族みんなで楽しめる、かかし座の最新作『オズの魔法使い』

日時:2013年8月17日(土)10:30、14:00
場所:横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール(JR『鶴見』駅、京急本線『京急鶴見』駅から徒歩2分
料金:全席指定 大人:3000円  小学校以下:2500円

【主催・お問い合わせ】劇団かかし座 TEL 045-592-8111
【共催】横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール 
【助成】文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業) 

●チケット取扱
ローソンチケット Lコード39088 TEL 0570-084-003
サルビアホール TEL 045-511-5711
ストーリー ドロシーは、アメリカ・カンザスで暮らす女の子。ある日、巨大な竜巻に家ごと運ばれ、着いたところは不思議な世界。
そこは魔法に満ちた『オズの国』!! 愛する故郷へ帰るため、ドロシーは大魔法使いオズのいる『エメラルドの都』を目指す。
道中で出会ったのは、脳みそがほしいカカシ、心がほしいブリキのきこり、勇気がほしい臆病ライオン。
風変わりで愉快な仲間たちと、ドロシーの旅が始まる!ドロシー達を待ち受けるものとは?
そして、ドロシーがオズの国にやってきた本当の理由とは・・・!?
『オズの魔法使い』初の影絵劇による舞台化。この夏一番の大スケール!最高のシャドウ・ファンタジーをお贈りします。
スタッフ 作・演出:作:L・F・ボーム 脚本:花輪充 演出:花輪充/後藤圭 キャスト:劇団かかし座
スタッフ:音楽:石川洋光 振付:鴨志田加奈 舞台美術:齋藤浩樹 衣裳:青木節子 ヘアメイク:中井正人 
舞台監督:杉村向陽 照明:寺田義雄・東京舞台照明 音響:都藤守 装置製作:イトウ舞台工房 
人形製作:おばらしげる 影絵美術・人形美術:劇団かかし座美術部/小田純治/小島直子  
影絵映像/特殊効果:小田純治/とうたいよう
影絵人形製作:劇団かかし座舞台部

チケット発売日

2013年5月17日(金)

入場料金

大人3,000円/小学生以下2,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

サルビアホール窓口 045-511-5711
9:00〜22:00(窓口は21:00まで)
窓口で購入、またはお電話でご予約いただけます。
ローソンチケット
l-tike.com
0570-000-777
0570-084-003
Lコード:39088

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年8月17日(土)

2013年8月

11 12 13 14 15 16 17
  • 10:30
  • 14:00
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30042

トラックバック一覧