俳優座劇場プロデュース『女相続人』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

俳優座劇場プロデュース

『女相続人』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年4月13日(木)〜4月23日(日)
会場 俳優座劇場
〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2
PR・解説  アメリカ近代文学の巨匠ヘンリー・ジェイムズの小説『ワシントン広場』を戯曲化した『女相続人』。1949年にウィリアム・ワイラー監督により映画化もされ、翌年アカデミー賞主演女優賞を含め4部門を受賞しています。
 一人娘に亡くなった妻の幻想を重ねる厳格な父親。運命を変えるかに思われた青年との恋愛と裏切り……。最も大切に想う人たちに翻弄され、苦悩しながらも自立していく女の葛藤を儚く美しく描きます。
ストーリー  1850年。ニューヨーク社交界の中心をなす富豪の邸宅が居並ぶワシントン広場。厳格な医師オースティン・スロウパーは、一人娘のキャサリンに美しく社交的であった亡き妻の姿を重ね、内向的で目立たない娘がやり切れないでいた。
 ある日、キャサリンの従姉妹マリアンとその婚約者アーサーが訪ねてくる。アーサーは従兄弟のモリスを連れ、皆に紹介する。モリスは秀麗な青年で何度かスロウパー家を訪ねキャサリンと親しくなり彼女に求婚するのだった。キャサリンも求愛に応えようとするが、父のスロウパーは定職も持っていないモリスとの結婚に激しく反対し、キャサリンをヨーロッパ旅行に連れ出してしまう。
 半年後、再会した二人はある決断をするのだが……。
スタッフ 原作=ヘンリー・ジェイムズ/脚本=オーガスタ&ルース・ゲッツ/翻訳=安達紫帆/演出=西川信廣/美術=朝倉 摂/照明=室伏生大/音響=小山田 昭/衣裳=前田文子/舞台監督=伊達一成/舞台統括=荒木眞人 ほか
キャスト 鈴木瑞穂(オフィスODA)/八木昌子(文学座)/土居裕子(プランニング・クレア)/瀧田陶子(文学座)/井口恭子(青年座)/岩崎正寛(演劇集団 円)/江間直子(仕事)/増沢 望(スタッフ・テン)/木野しのぶ(朋友)
お問い合わせ 俳優座劇場
03-3470-2880
俳優座劇場

チケット発売日

2006年3月1日(水)

入場料金

5,600円/ハーフチケット(13日・14日)2,800円/グリーンチケット(学生)2,800円(全席指定・税込)

グリーンチケットは俳優座劇場のみ取扱い。

チケット発売窓口

俳優座劇場 03-3470-2880

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:366-359
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:31101

公演日程

2006年4月13日(木) 〜 4月23日(日)

2006年4月

9 10 11 12 13
  •  
  •  
  • 18:30☆
14
  •  
  •  
  • 18:30☆
15
  •  
  • 14:00
  •  
16
  •  
  • 14:00
  •  
17 18
  •  
  •  
  • 18:30
19
  •  
  • 14:00
  •  
20
  •  
  •  
  • 18:30
21
  •  
  •  
  • 18:30
22
  •  
  • 14:00
  •  
23
  •  
  • 14:00
  •  
24 25 26 27 28 29
☆=ハーフチケットデー
より多くの方にご覧頂くためために、一般料金の半額にしています。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3013

トラックバック一覧