シアターキューブリック『島津の疾風』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

シアターキューブリック

2013オータムツアー

『島津の疾風』東京公演 ワークインプログレス

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年10月19日(土)〜10月20日(日)
会場 すみだパークスタジオ(倉)
〒130-0003 東京都墨田区横川1-1-10
PR・解説 “中馬大蔵、気張って走るっとじゃ!”

ポップな衣裳とダンスを使ったダイナミックな表現で大きな反響を呼んだ『島津の疾風』が、東京・鹿児島のツアー公演となって帰ってくる!
『誰ガタメノ剣』で演劇ファンのみならず歴史ファンにも斬新な時代劇を賞賛されたシアターキューブリック流”戦国エンターテインメント”
東京と鹿児島のツアー公演になりますが、東京公演はワークインプログレス公演。

「ワーク・イン・プログレス」とは本来は一般公開稽古の事を指しますが、今回は限りなく本番に近いスタジオ公演。毎ステージ後には、座談会を開催します。至近距離の舞台を駆け回る俳優の息づかいと、舞台を降りてなお続く「役者」の姿を全身で感じてください!
ストーリー 天下分け目・関ヶ原の戦いにおいて「不戦」という選択をした軍団がいた。
“九州の雄”島津義弘率いる1500の兵は眼前で展開する死闘をひたすら傍観。
だが小早川秀秋の大軍が徳川方に寝返ると島津勢は戦場の真っ只中に孤立。
四方を敵に囲まれ窮地に追い込まれた島津軍は、遂に“前方への撤退”という前代未聞の行動に出る!
はるか薩摩の国、鹿児島から主君を慕って駈けつけた勇士・中馬大蔵の視点で描かれた、熱く、スピーディーな新感覚“戦国エンターテインメント”。
スタッフ [舞台監督] 矢島健
[舞台美術] 横尾友広
[照明] 森規幸(balance,inc.DESIGN)
[音響] 田上篤志(atSound)
[振付] 森川次朗
[ヘアメイク] Limo 
[衣裳デザイン] パンダ舎
[宣伝美術] 武田和香
[舞台写真] 宮内敏行
[WEB] 岡下明宏
[制作] 漢那悦子 柴崎貴子 佐藤初美 久保田侑子 吉田美希
[制作サポート] 坂上裕美(AsPLUS) 
キャスト 大沼優記 片山耀将 千田剛士 伊藤十楽成 谷口礼子 松本誠 敷名めぐみ 井俣太良[少年社中] 山崎雅志[ホチキス]石川佳那枝[innerchild] 伊禮亜美[劇団fool]
お問い合わせ シアターキューブリック
070-5592-4003
info@qublic.net
シアターキューブリック公式ホームページ

チケット発売日

2013年8月10日(土)

入場料金

大人2,000円/高校生以下1,500円(全席自由・税込)

前売・当日共

チケット発売窓口

シアターキューブリック

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年10月19日(土) 〜 10月20日(日)

上演時間 約45分 上演後座談会あり

2013年10月

13 14 15 16 17 18 19
  • 15:00
  • 19:00
  •  
20
  • 13:00
  • 16:00
  •  
21 22 23 24 25 26

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30256

トラックバック一覧