人形劇団プーク『おとなが観たい人形劇…La Pupa Teatro 13』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

人形劇団プーク

人形劇は子どもだけのものじゃない!

『おとなが観たい人形劇…La Pupa Teatro 13』…おとなが 観たい 人形劇…

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年10月10日(木)〜10月20日(日)
会場 プーク人形劇場
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-3
PR・解説 ◆田辺聖子「私本・イソップ物語」より 現代版イソップ『約束・・・』
…愚かで粗暴で純情なオオカミを主軸に、動物たちの姿を借りて人間模様を描いた現代社会の風刺劇。
◆太宰治 お伽草紙より カチカチ山
…美少女のウサギに惚れ込んだ醜男の中年タヌキがたどる哀しい運命。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時を越え、語り継がれてきたイソップ寓話やお伽噺。
獣のすがたを借りて語られた、人間の愚かさ、哀しさ、時に残酷さ・・・。
そこにある人間の普遍的な本質を、太宰治が、田辺聖子が、現代に置き替えた文学作品を人形劇化。
命を持たない人形たちの、なんと人間くさいことよ。
嘲笑、ため息、悲哀…笑いあり、毒もある、人形による極上のコメディです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
< La Pupa Teatro =エスペラント語で人形劇場の意 >とは・・・
秋のひととき、おとなに向けての人形劇公演を、と始まった「La Pupa Teatro」シリーズも13回目となりました。西欧ではエスプリの効いた人形劇が市民権を得ているものの、日本では文楽などの伝統人形芝居をのぞいて、いまだ人形劇というと子ども向けととらえられています。そんなイメージを覆すべく、プークでは、日本の現代作家や東欧の演出家を招聘した舞台作品など、様々な「おとなのための現代人形劇」に取り組んでいます。本公演は、中でも好評を博した2作品の再演です。
ストーリー <カチカチ山>(演出 岡本和彦)
事件は、川口湖畔で起こった…。
とある狸の殺人(殺狸?)事件の現場検証から、次第に場面はお伽噺「カチカチ山」の世界へ…。美少女の兎にぞっこん惚れ込んだ、醜男の中年狸。無邪気ゆえに残虐な兎は、美しい16歳の処女。狸は、背中を焼かれ、なぶられ、それでもそんな兎を愛さずにはいられない…。
太宰治の傑作「カチカチ山」は風刺と笑いに満ちた人間洞察の物語。美少女に翻弄されなぶり殺しにあう中年男の宿命物語を、大胆な設定で舞台化しました。

<現代版・イソップ「約束…」>(演出:井上幸子)
今日も今日とて、腹をへらしてさまよい歩く一匹狼。そこにあらわれた年寄り羊と交わした「約束」は…―
狼が交わす守られることのない「約束」たち。情報化社会の波に取り残された狼の背中に、誰かの姿が重なってみえることでしょう。
田辺聖子氏の「私本・イソップ物語」の中から、奸智にたけた狐と、愚かで粗暴で純情な狼にスポットをあてました。現代のスピードからこぼれ落ちてゆくものをすくい集めた風刺劇です。
スタッフ ★カチカチ山/演出:岡本和彦…La Pupa Teatroの第一回から、演出として、そして俳優としてもシリーズを盛り上げてきた、プークの大人の公演ではなくてはならない立役者。今回は「カチカチ山」の演出の他、「約束…」では主役の狼を演じる。子どもの人形劇の演出も数々手掛けている。★★現代版・イソップ「約束・・・」/演出:井上幸子…おとなの公演、こどもの公演ともに数多くの演出を手掛ける。井上ひさし作「金壺親父恋達引」は大好評を博し、繰り返しアンコール上演を行っている。また2009年の劇団創立80周年記念作品「怪談 牡丹燈籠」ではその集大成ともいえる演出で高い評価を得た。平成23年、第21回 O婦人児童青少年演劇賞受賞。「約束…」は初期に手掛けた意欲作である。★★★人形美術:若林由美子…人形劇団プークの劇団員を経て、現在、フリーランスの舞台人形美術家。代表作に、プークの劇団創立80周年記念公演『怪談 牡丹灯籠』(2009年初演)、井上ひさしの戯曲を同劇団が人形劇化した『うかうか三十、ちょろちょろ四十』(2000年初演)、『金壺親父恋達引』(1999年初演)などがある。優れた色彩感覚と表情豊かでユーモラスな造形に定評がある。
キャスト 岡本和彦/早川百合子/安尾芳明/栗原弘昌/井上彩香
お問い合わせ プーク人形劇場
03-3379-0234
theatre@puk.jp
プーク人形劇場 ホームページ

チケット発売日

2013年8月1日(木)

入場料金

前売り3,700円/当日4,200円/友の会会員3,200円/学生3,000円/ペアチケット5,000円(全席自由・税込)

ペアチケットは、10日・11日の19時のみ。前売りのみ・要予約。

チケット発売窓口

プーク人形劇場 03-3379-0234
ペアチケットは、オンライン予約出来ません。
お電話、メール(theatre@puk.jp)、またはファックス(03-3370-5120)でお申込下さい。

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年10月10日(木) 〜 10月20日(日)

2013年10月

6 7 8 9 10
  • 19:00★
  •  
  •  
11
  • 14:00
  • 19:00★
  •  
12
  • 14:00
  • 18:00★
  •  
13
  • 14:00
  •  
  •  
14
  • 14:00
  •  
  •  
15
  • 休演
16
  • 休演
17
  • 休演
18
  • 休演
19
  • 14:00
  • 18:00
  •  
20
  • 14:00
  •  
  •  
21 22 23 24 25 26
★マークのステージのみ、ペア割引き設定有り!
 ふたりで5000円。前売りのみ、要予約です。
 10日・11日19時の公演は、前売り予約終了いたしました。
 ご好評につき、12日18時の回、ペア割り枠追加でご用意しました。ご予約はお早めに!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30373

トラックバック一覧