SWANNY『ゴミ、都市そして死』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

SWANNY

『ゴミ、都市そして死』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年10月25日(金)〜10月27日(日)
会場 紀伊國屋ホール
〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F
PR・解説 ドイツの映画監督であり、鬼才として名高いライナー・ヴェルナー・ファスビンダーが、1975年に演劇のために書き下ろした脚本「ゴミ、都市そして死」を、本邦初上演いたします。
ヒロインの美しき娼婦ローマ・Bに扮するのは、大のファスビンダーファンであるという、緒川たまきさん。ナチ時代の爪痕も禍々しい冷戦下の巨大都市・フランクフルトを舞台に、娼婦とヒモ、同性愛者と地上げ屋が互いの存在を喰い尽くし合う、冷酷無比な物語が幕を開けます。その傍らで、ファスビンダー自身が台本に指定した、ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」等、多数の楽曲をバンド「石橋英子 with ぎりぎり達」がライブ演奏し、19人の魅力的かつ個性的な俳優陣が歌い踊るという、驚天動地の仕掛けが進行します。
人が生涯で抱くであろうすべての甘い夢が打ち砕かれ、絶望の底に突き落とされた後に、見えてくる光景とは。ファスビンダーいわく「あたかも月面のように人の住めない場所」だという、現代の大都市――まさしくそのひとつである東京・新宿の紀伊國屋ホールにて、この前代未聞の舞台を共に体験していただけたらと思います。(千木良悠子)
スタッフ 作:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
演出:千木良悠子

翻訳:渋谷哲也
美術:加藤ちか
衣装:rei (GRENADINE)
振付:スズキ拓朗
照明:大野道乃
音響:半田充(MMS)
舞台監督:金安凌平
演出助手:金珠代、内田佳那
所作指導:寺田未来
協力:LAUDA、大人計画、毛皮族、はえぎわ、スターダス・21、小野事務所、Saliva、コムレイド、ザズウ、tsumazuki no ishi、リトルモア、吉住モータース、ハイレグタワー、劇団竹、アニマ・エージェンシー、グロリアスクリエーションズ、DISK GARAGE、東京ギンガ堂、AiSOTOPE LOUNGE
制作:浜田和枝、スギヤマヨウ(制作集団QuarterNote)、田崎那奈

宣伝写真 山田薫
衣装 rei(GRENADINE)
ヘアメイク 竹田ユキノリ(CLIP)
フライヤーデザイン 木村豊(Central 67)
キャスト 出演:緒川たまき、横町慶子、羽鳥名美子(毛皮族)、小林麻子、安元遊香(Saliva)、たにぐちいくこ、猫田直、仁科貴、金子清文、宮崎吐夢、川瀬陽太、石川ゆうや、富川一人(はえぎわ)、中村祐太郎、高松呼志響、濱田真和、竹林林重郎(劇団竹)、河井克夫、伊藤ヨタロウ

音楽・ライブ出演:石橋英子 with ぎりぎり達 feauturing 長左棒茄子(ジム・オルーク、山本達久、坂口光央、須藤俊明)
お問い合わせ SWANNYウェブサイト
info@swanny.jp
Nana Produce(公演期間中のみ)
090-7209-4089

入場料金

前売4,800円/当日5,300円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

SWANNY

チケット販売サイトへ

キノチケットカウンター 店頭販売のみ 10:00-18:30 新宿東口・紀伊國屋書店本店5F
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:432-275

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:33015

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
CNプレイガイド
cnplayguide.com
0570-08-9999(オールジャンル)

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2013年10月25日(金) 〜 10月27日(日)

上演時間 約1時間50分

2013年10月

20 21 22 23 24 25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 13:30※
  • 19:00
  •  
27
  • 13:30
  •  
  •  
28 29 30 31    
※26日(土)16時 
シンポジウム「演劇、女性そして愛の死 〜ファスビンダーと現代〜」
出演:翻訳家 渋谷哲也氏、柳下毅一郎氏 ほか

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30674

トラックバック一覧