みきかせworks『青天井ポップコーン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

みきかせworks

リーディング企画みきかせプロジェクトvol.5

『青天井ポップコーン』ワーサルシアター企画後援

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年11月13日(水)〜11月17日(日)
会場 八幡山ワーサルシアター
〒168-0074 東京都杉並区上高井戸1-8-4
PR・解説 「体ではない、でも声だけでもない」、そんな演劇体験。
ワーサルシアター・みきかせworksがお贈りするリーディング企画公演。
現在一線で活躍をしている劇団に、「みきかせリーディング」という手法にて、
上演を依頼し、今まで観た事のないその劇団のカラーを表現して頂く!という企画です。
*みきかせリーディングとは?
「台本(と言い張るもの)を持つ」「大道具は使わない」「上演時間は45分以内」この3つだけ

[ 参加劇団 ]
【塩味(karami)】
 MU / バジリコFバジオ
【甘味(amami)】
 ゲンパビ / 楽園王+オクムラ宅
ストーリー [ チーム紹介 ]
【塩味(karami)】
『 バジリコFバジオ 』 
http://www.bajirico.com/
 可愛いんだか不気味なんだかわからない『プチグロ・ナンセンス』をコンセプトに、
 過剰なスタッフワークと人形劇を挿入した『ニンゲンゲキ×ニンギョウゲキ』を展開する。
 ハイテンション、膨大な情報量、小ネタ大ネタパロディ物真似、
 ヴィジュアル強烈な大人の人形劇に、高速でつき進む混沌としたわりかしスケールのでかい物語、
 笑えて笑えてバカバカしくも悲しいなにかは残ったりする、
 唯一無二なアート・パンク・ナンセンス・コメディーを目指す。
*作・演出
作・演出:佐々木充郭

『 MU 』
http://www.mu-web.net/
 2007年より「尖った会話劇」を武器に短編から長編、劇場からギャラリーまで、振り幅広く活動。
 2012年の敢行された"少人数での会話劇シリーズ"の一編『いつも心だけが追いつかない』が、
 演劇・劇評サイト<ワンダーランド>のクロスレビューにて高得点をマーク。
 本公演に於いては、2013年8月に好評を得た、双子のシンクロをモチーフに完全電話通話のみの
 朗読劇『想像』を再度上演する。
*作・演出
 作・演出:ハセガワアユム

【甘味(amami)】
『 ゲンパビ 』
http://ggenpavi.web.fc2.com/
 主宰の阿部ゆきのぶが大学時代に活動していた個人ユニット「ゲンジツパビリオン企画」が前身。
 大学卒業後、活動の本格化に際して2011年「ゲンパビ」と改名。
 会話劇を軸に、「分かり合えない世界」で今を生きる、私たちの物語を描く。
*作・演出
 作・演出:阿部ゆきのぶ

『 楽園王+オクムラ宅 』
http://www.rakuenoh20.net/
http://okumurataku.com/
 ■楽園王
 劇作家だった長堀博士が自らの戯曲を自分の手で上演する場として1991年に旗上げ。
 「エッシャーの絵の中に紛れ込んだよう」と称される迷路のような物語を上演し、好評を博してきた。
 「利賀演出家コンクール」での優秀演出家賞の受賞をきっかけとして、
 現在では古典戯曲や文学作品もレパートリーに加えている。
 ■オクムラ宅
 俳優・演出家、奥村拓が主宰。2010年活動開始。
 利賀演劇人コンクール2011出場。近代文学をモチーフとした作品や、近代戯曲を上演。
 テキスト重視を貫きながらの清新な解釈と空間を生かす演出には定評がある。
*作・演出
 作:舟橋聖一 
 演出:長堀博士(楽園王)
スタッフ 音響:森内 美帆 
照明:井坂 浩 
舞台監督:森崎美弥子
企画:ワーサルシアター/みきかせworks
制作:おさださちえ(みきかせworks)
制作補佐:翠-sui-
チラシデザイン:郡司龍彦
キャスト 【塩味(karami)】
『 バジリコFバジオ 』 
*キャスト
植田祥平 陣内ユウコ 三枝貴志

『 MU 』
*キャスト
渡辺まの(MU)ほか



【甘味(amami)】
『 ゲンパビ 』
*キャスト
三瓶大介 島口綾(こゆび侍) 背乃じゅん 三澤さき(ゲンパビ)
宮崎雄真 宮本奈津美(味わい堂々) 古木将也 ほか

『 楽園王+オクムラ宅 』
*キャスト
 奥村拓(オクムラ宅)
お問い合わせ みきかせworks
090-1840-4419
mikikase_pro@yahoo.co.jp
みきかせworksHP

チケット発売日

2013年10月12日(土)

入場料金

1ステチケット(前売)2,000円/1ステチケット(当日)2,500円/2ステチケット(前売のみ)3,000円(全席自由・税込)

*2ステチケット
2つの味わいをセットでお楽しみ頂けるお得なチケットです
ご予約のみのお取り扱いとなります。

チケット発売窓口

こりっちチケット Eメールでのご予約もお受付しております。
詳しくは、みきかせHPまで
http://www.mikikase.net

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より受付にて販売致します

公演日程

2013年11月13日(水) 〜 11月17日(日)

上演時間 1劇団45分前後、1ステージ90分前後を予定しております。

2013年11月

10 11 12 13
  • 19:30A
  •  
  •  
14
  • 19:30B
  •  
  •  
15
  • 15:00A
  • 19:30B
  •  
16
  • 15:00B
  • 19:30A
  •  
17
  • 14:00A
  • 18:30B
  •  
18 19 20 21 22 23
チームによって上演日・時間が違いますので、お気を付け下さい
A:【塩味】バジリコFバジオ/MU
B:【甘味】ゲンパビ/楽園王+オクムラ宅
11月13日・14日のみ終演後 アフタートークを開催致します。
受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分となります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30842

トラックバック一覧