アトリエ・ダンカン プロデュース『七変化音楽劇「有頂天家族」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

アトリエ・ダンカン プロデュース

『七変化音楽劇「有頂天家族」』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年1月16日(木)〜1月26日(日)
会場 本多劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-15
PR・解説 2013年1月博品館劇場にて上演された青春音楽活劇『詭弁・走れメロス』は、若者たちから絶大な支持を受けている小説家・森見登美彦原作の、京都を舞台に繰り広げられる大逃走劇。
独特の語り口が特徴的な森見氏の文章を、脚本・演出の松村武は、会話はもちろん地の文章全てをモノローグとして台詞にし、そのまままるごと演劇化。数人の役者がいくつもの役をこなしながら、身体表現やイメージで次々に情景を表現していくという驚きの手法を取り、主人公が四条の町中を、嵐山を、大学構内を疾走する姿を見事に表現し、観客より熱狂的な支持を受けました。
そして来る2014年1月、続く第2弾として、アニメ化もされ話題となった『有頂天家族』の舞台化が決定!
糺ノ森に住む狸の一家・下鴨家。宝塚を熱愛する母狸、生真面目だが土壇場に弱い長男、蛙に化けたまま井戸暮らしを続ける次男、阿呆の血を色濃く受け継ぎ気ままに暮らす三男、化けてもついしっぽを出す四男、さらに、落ちぶれてアパート暮らしの天狗・赤玉先生や、天狗を袖にし空を自在に飛び回る半天狗の美女・弁天などなど…愛すべき登場人物たちが巻き起こす、奇想天外なファンタジー。果たして今回は、どんな舞台となって現れるのか。乞うご期待!
スタッフ 原作=森見登美彦(幻冬舎文庫刊) 脚本・演出=松村武 
キャスト 武田航平 渡辺大輔 新垣里沙 佐藤美貴/小手伸也 小林至 成清正紀 奥田努 藤原薫/樹里咲穂/久保酎吉
お問い合わせ アトリエ・ダンカン
03-3475-0360
※ 平日12:00〜18:00
アトリエ・ダンカン|七変化音楽劇『有頂天家族』公式サイト

チケット発売日

2013年10月27日(日)

入場料金

6,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

発売初日特別電話番号

チケットぴあ 0570-02-9980
e+(イープラス) 0570-06-9993
※発売当日は特電でも受付
アトリエ・ダンカン直前リザーブ 2013年12月26日(木)12:00〜
※お席がご案内できる限り販売いたします。

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:432-511

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:33375

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
0570-06-9993 eコード:111197

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2014年1月16日(木) 〜 1月26日(日)

上演時間 約2時間40分
(休15分)

2014年1月

12 13 14 15 16
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
17
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
18
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
19
  • 13:00
  •  
  • 17:00★
20
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
21
  •  
  •  
  •  
  • 19:00★
22
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
23
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
24
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
25
  •  
  • 14:00
  •  
  • 19:00
26
  •  
  • 14:00
  •  
27 28 29 30 31  
★…終演後、アフタートークあり

■京都公演
2014年2月8日(土)13:00/18:00
・会場=京都劇場

関連ページ

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30867

トラックバック一覧