篠崎月美『Studio Releve Ballet Performance2013<professional>+篠崎月美舞踊公演』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

篠崎月美

『Studio Releve Ballet Performance2013<professional>+篠崎月美舞踊公演』〜京鹿子娘道成寺〜

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年12月1日(日)
会場 日本橋劇場
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
PR・解説 Studio Releveのプロフェッショナルダンサーによる クラシックバレエと創作作品と、女形・篠崎月美による 日本舞踊の大作“京鹿子娘道成寺”
(篠崎月美舞踊公演は18時50分開演予定) 
ストーリー “京鹿子娘道成寺”満開の桜が一面に咲き誇っている紀州道成寺で、鐘の供養が行われる日のこと。
女人禁制の番を仰せつかった大勢の所化(しょけ。修業中の坊主のこと)たちが
酒を飲む相談などをしているところに、ひとりの女。
所化のひとりが「白拍子か生娘か」(ヲイ、現代じゃセクハラだぞ)と問えば、
鐘供養のことを聞きつけて、はるばる都からやってきたという白拍子花子。
なぜか鐘に執着している様子で、ぜひ鐘を拝ませてくれと頼む。
舞いを見せてくれるならという所化たちの交換条件に、さっそく舞いはじめる。
荘厳な雰囲気で舞っていたかと思うと、今度は可憐に、時にはしっとりと、
または軽快に、そして華やかにと、次から次へと様々な女の表情を見せながら
躍り込んでいくうちに、鐘を見つめる花子の表情がキッと険しくなった。
あわてた所化たちを押し倒して、花子は鐘の中に姿を隠す。
そこで、はじめて彼女が清姫の化身だったと気づき、懸命に祈る所化たち。
やがて鐘の上にあらわれた花子は、
蛇体と化した恐ろしい姿で周囲を睨みつけるのだった。
お問い合わせ 篠崎月美
070-5029-1128
tsukimi_onnagata@yahoo.co.jp

入場料金

指定席5,000円/自由席3,000円(税込)

チケット発売窓口

篠崎月美 070-5029-1128
mail tsukimi_onnagata@yahoo.co.jp
当日券情報 開演30分前に受付で販売

公演日程

2013年12月1日(日)

上演時間 約3時間(休憩含む)

2013年12月

1
  • 17:00
  •  
  •  
2 3 4 5 6 7

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=30891

トラックバック一覧