舞踏交流・海外ダンサーシリーズ実行委員会『海外女流 ダンサー・ウィーク 東京』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

舞踏交流・海外ダンサーシリーズ実行委員会

『海外女流 ダンサー・ウィーク 東京』The Week of Foreign Female Dancers in Tokyo

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2013年12月9日(月)〜12月19日(木)
会場 慶應義塾大学・六本木ストライプスペース
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
PR・解説 外国人女性ダンサーとアーティストが港区に集結、競演。舞踏を学んだダンサー、舞踏を取り入れたダンス。ダンスと舞踏とアートの関わりを、外国人ダンサーの魅力あふれるダンスとダンス・ワークショップ、アートワークを通じて知り、学びます。
合わせて、ダンスと女性の生き方を話し合いながら国際交流を広げる機会にします。さらに、特別企画として、ストライプスペースで写真展、ノグチルームでアート・インスタレーションを公開展示します。
スタッフ 運営=国際舞踏交流 International Butoh Exchange/協力=慶應義塾大学アート・センター、NPO法人舞踏創造資源、ポートフォリオBUTOH、石本華江(制作・通訳)、ケイトリン・コーカー(モデュレーター)、ブルース・ベアード(スーパーバイザー、翻訳)/後援=Canada’s Arts Council、The Swedish Arts Grants Committee、アンスティチュ・フランセ東京/照明・音響=曽我傑、宇野敦子/照明(カミーユ・ミューテル)=マチュー・フェリー
助成=平成25年度港区文化芸術活動サポート事業助成(海外女流ダンサー・ウイーク Butoh International in Minato 2013)
キャスト ジョスリーヌ・モンプティ(カナダ) 土方巽とグロトフスキーの教えを受けた。昨年は「病める舞姫」を踊る。
SU–EN(スウェーデン) 白桃房での長年の修練を経て、スウェーデンで舞踏カンパニーを率いる。
カミーユ・ミューテル(フランス) フランスで岩名雅記のもとで舞踏を知る。超絶技巧のダンスは注目。
ドミニクBB(イギリス) 舞踏の研究と実践に意欲。身体を生かしたアーティスティックなダンス。
特別出演 中嶋夏(舞踏家;日本) 1960年代半ばから土方巽に師事し、女流舞踏の真髄を実践してきた。

ブルース・ベアード(アメリカ)/ローザVH(イギリス)+ジョー・スネイプ (イギリス)+シャーリィ・コマフォルド(アメリカ)
お問い合わせ 慶應義塾大学アート・センター(森下・本間)
03-5427-1621
events@portfolio-butoh.jp
ポートフォリオBUTOH

チケット発売日

2013年11月1日(金)

入場料金

ワークショップ1,000円(税込)

ダンス&トーク・公開授業・展示=無料
ワークショップ=港区在住者・在勤者は無料、それ以外の方は1,000円/日

チケット発売窓口

ポートフォリオBUTOH 03-5427-1621
お申込はポートフォリオBUTOHのウェブサイトで受け付けています。
http://www.portfolio-butoh.jp/other-programs/ffd/

チケット販売サイトへ

公演日程

2013年12月9日(月) 〜 12月19日(木)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=31245

トラックバック一覧