劇団扉座『ユタカの月』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団扉座

『ユタカの月』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年5月16日(火)〜5月28日(日)
会場 THEATER/TOPS
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-20-8 TOPS HOUSE 4F
PR・解説 どこか懐かしく切ない無骨な青春群像劇を得意とする劇作家・蓬莱竜太VS熱く激しく、役者の魂を呼び覚ます演出家・茅野イサム
ストーリー ユタカには25歳になる娘アコがいる。アコには母親はいない。幼い頃からアコは父ユタカと二人きりだ。アコは自分になぜ母親がいないのかはっきりと聞いた事はない。ユタカも何も話さない。ただ母親の名前だけは知っている。「月子」といった。
アコはユタカが嫌いだ。いつも何も話さないからだ。だからアコも何も話さない。アコには友達はいない。小学校の頃同級生と喧嘩をして大怪我をさせたことがある。アルバイトをしても店長を殴ってしまう。周囲とうまくなじめない。
だから仕方なく庭師であるユタカの仕事を手伝っている。
新しい関係を増やすよりユタカのもとで黙々と働いている方が賢明だった。ユタカは何も言わない。むしろアコにとってもこのままの関係でいた方が楽だった。
ある夜、家族連れの男がユタカとアコの前に現れて全てが変わった。
男はユタカに言った。
「月子が死んだ」と。
男はユタカの古くからの親友だった。そして月子の夫だった。
ユタカと男は只ならぬ関係である事はアコにもわかった。
ユタカとアコの長い夜が始まった…。
スタッフ 作=蓬莱竜太/演出=茅野イサム/美術=金井勇一郎/照明=林順之/音響=青木タクヘイ/舞台監督=中村真理/トータルコーディネート=赤星明光/制作=太田さやか/田中信也
キャスト 岡森諦/有馬自由/犬飼淳治/岩本達郎/中原三千代/高橋麻理/津村知与支(モダンスイマーズ)
お問い合わせ 劇団扉座
03-3221-0530
劇団扉座ホームページ

チケット発売日

2006年3月26日(日)

入場料金

前売券4,200円/学生券3,000円/当日券4,500円(全席指定・税込)

☆ミナクルステージ 5月16日(火)19:00開演 全席3000円

チケット発売窓口

劇団扉座 03-3221-0530

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:37223
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2006年5月16日(火) 〜 5月28日(日)

2006年5月

14 15 16
  • 19:00☆
  •  
  •  
17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 19:00
  •  
  •  
20
  • 14:00
  • 19:00
  •  
21
  • 14:00
  •  
  •  
22 23
  • 19:00
  •  
  •  
24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 19:00
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 14:00
  •  
  •  
29 30 31      
☆ミナクルステージ…3000円

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3142

トラックバック一覧