キューカンバー『のぞき穴、哀愁』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

キューカンバー

MONO第41回公演

『のぞき穴、哀愁』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年2月15日(土)〜2月23日(日)
会場 駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8
PR・解説 この穴から見ている。
こっちは彼女を知っているが、向こうは気づいていない。
すてきな優越感。だけど、姿がかすむ。泣いているのか、俺?
ああ、のぞけばのぞくほど……辛くなる。

のぞくことを仕事にする人々を描く、哀愁漂う密室劇。
ストーリー ここはビルの天井裏。
そこには他の社員の知らない部屋があった。会社をリストラされたと思われている数名の会社員。
実は、彼らは社長直属の「諜報課」に配属され、日々、天井から社内の様子を覗いているのだ。
覗き専門の部署。そこでの毎日。
この情報化社会の中で、現代の 「忍び」として、陰に隠れて過ごす人々の哀しい日常。
ライバル会社のスパイとの情報戦があったり、暗い天井裏でのささやかな恋があったり。
決して主役にはなれない。

現代、ネット上に溢れる罵詈雑言などを読んでいると、時おり哀しみを感じることがある。外野から無責任な声を上げることの気持ち良さと惨めさ。そうした感覚を、天井裏に巣食う人々の姿を通して描く。
スタッフ 作・演出|土田英生

舞台美術|柴田隆弘 照明|吉本有輝子 音響|堂岡俊弘 衣裳|大野知英(iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA) 
演出助手|磯村令子 舞台監督|青野守浩 
イラスト|川崎タカオ 宣伝美術|西山英和・大塚美枝(PROPELLER.) 制作|垣脇純子 本郷麻衣 小山佳織

協力|Queen-B・リコモーション・真昼・radio mono

助成|文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
企画・製作・主催|キューカンバー

京都芸術センター制作支援事業
キャスト 水沼 健 奥村泰彦 尾方宣久 金替康博 土田英生
/ 森谷ふみ(ニッポンの河川) 古藤 望(マゴノテ) 高橋明日香(kitt) 松永 渚
お問い合わせ 北九州芸術劇場
093-562-2655

チケット発売日

2013年12月14日(土)

入場料金

指定席4,000円/U-25チケット2,000円(全席指定・税込)

[2月15日・16日]=早期観劇割引 3,500円
※U-25チケット=対象:25歳以下・要証明書提示
U-25チケットは枚数限定、MONO前売のみでの取扱です。お席は選べませんのでご了承ください。

チケット発売窓口

MONO 075-525-2195
U-25チケットはMONOのみ取扱

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:433-658

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
Lコード:38535

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2014年2月15日(土) 〜 2月23日(日)

上演時間 約1時間40分

2014年2月

9 10 11 12 13 14 15
  •  
  •  
  •  
  • 19:30★
16
  •  
  • 15:00★
  •  
  • 19:30★
17
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
18
  •  
  •  
  •  
  • 19:30◎
19
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
20
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
21
  •  
  •  
  •  
  • 19:30
22
  •  
  • 15:00
  •  
  • 19:30
23
  •  
  • 15:00
  •  
24 25 26 27 28  
★早期観劇割引 3,500円
◎終演後、トークイベントを行います。

※未就学児童の入場はご遠慮ください。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=31559

トラックバック一覧