きたまり&NPO法人Offsite dance Project『RE/PLAY(DANCE Edit.)』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

きたまり&NPO法人Offsite dance Project

『RE/PLAY(DANCE Edit.)』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

「国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014」ショーケース参加作品

公演データ

公演期間 2014年2月14日(金)〜2月16日(日)
会場 急な坂スタジオ ホール
〒220-0032 神奈川県横浜市西区老松町26-1
PR・解説 オリジナルは、死に逝く人々の物語を連続して繰り返し、疲弊していく身体から圧倒的な“生”を描き出し、演劇界に衝撃を与えた2006年初演の多田淳之介作・演出『再生』。5年の歳月を経て発表された改訂版『再/生』では、反復する身体を通して、再生に向かっていこうとする人間を描き出しています。
ダンスバージョンの『RE/PLAY』は、きたまりがディレクターを務めた「We dance 京都2012」における「演劇とダンス/身体性の交換」と題した上演プログラムのひとつ。関西拠点の8人の振付家・ダンサーの強靭な身体を多田淳之介が仕掛ける劇構造の圧倒的な力で演出し、ダンスの身体の新たな可能性を浮かび上がらせた問題作です。
本作『RE/PLAY(DANCE Edit.)』は、関東拠点の振付家・ダンサーによるリ・クリエーションで、共同プロデューサーのきたまり、振付演出・ダンサーとしても評価の高い岩渕貞太・遠田誠・北尾 亘に加え、ワークショップ形式のオーディションにより選出された4人のダンサーが出演。多様なキャリアの8人のダンサーがそれぞれ自ら振付けた動きを提出しながら、多田演出のもと、舞台芸術の身体性について共に考え、探求し、交換する作業を重ねてひとつの作品を創り上げます。
ストーリー 『RE/PLAY(DANCE Edit.)』について(文:多田淳之介)
演劇とダンスの垣根については、様々な考え方があるかとは思いますが、個人的には、やはりそれはあるだろうという気がしています。少なくとも俳優とダンサーは全く違う生き物でしょう。
ただし、ダンサーが出演しているからダンス作品であるのか、俳優が出ているから演劇作品であるのかはまた別の問題で、ダンサーによる演劇作品も、俳優によるダンス作品も成立すると思っています。昨年京都のダンサー達と作った「RE/PLAY」は演劇の手法で作りました。「演劇」と「ダンス」を分けるものは「ドラマ」、もしくは「人間」と言い換えても良いかもしれません。「演劇」は人間を描き「ダンス」は人間以外のものも描く。「言語」と「表象」の関係にも似ています。俳優は人間ですが、ダンサーは人間ではないとすら思っています。少なくとも舞台上の役割はそうであると思っています。「RE/PLAY」で試みたことはダンサーを人間化することだったのかもしれません。僕の言葉では「人間化」になりますが、ダンサーとの作業の中で、「踊る/踊らない」という話をよくしました。ダンサーそれぞれ考え方も違い刺激的な作業でした。作品の中でもシーンによって「踊る/踊らない」を指示し、演出の指示はそれだけだったかもしれません。踊らないことを「人間化」とするならば、「踊らない」から「踊る」への移行、それは単に「演劇」から「ダンス」へのスライドではなく、「演劇」と「ダンス」の相補、もしくは相乗がある気がしています。個人的に一番興味があるのはそこです。今回新たに関東でこの作品を創作、上演するにあたってもそれは同じです。「踊る」生き物としてのダンサーへの興味は尽きません。今回も振付はダンサー各自に任せ、演出は構造のみを担当するでしょう。「踊る」とは「ダンス」とは何か。見る人には答えではなく可能性を見つけてもらえると嬉しいです。作品自体は「繰り返すこと/繰り返せないこと」を扱います。「人間」と「ダンス」にも共通した題材です。そこには「時間」が大きく関わってきます。演劇では「時間」に抗えない人間の姿を描きますが、人間ではない彼らとは、また別のものが描けるのではないかと期待しています。
スタッフ 演出:多田淳之介(東京デスロック)
舞台監督:三津 久
照明:岩城 保
音響:泉田雄太
フライヤー&ウェブデザイン:加藤和也
制作:岡崎松恵
キャスト 振付・出演:岩渕貞太、遠田 誠、北尾 亘、きたまり、伊東歌織、岡田智代、花田雅美、林 七重
お問い合わせ NPO法人Offsite Dance Project
090-6346-5820
info@offsite-dance.jp
『RE/PLAY(DANCE Edit.)』特設サイト

チケット発売日

2014年1月11日(土)

入場料金

一般2,500円/学生2,000円/TPAMパス2,000円(全席自由・税込)

※TPAM参加登録者特典についてはこちらをご参照下さい。
http://www.tpam.or.jp/2014/participation/

チケット発売窓口

NPO法人Offsite Dance Project 090-6346-5820
Web予約:『RE/PLAY(DANCE Edit.)』チケット予約フォーム http://www.wedance.jp/replay

チケット販売サイトへ

急な坂スタジオ 045-250-5388

チケット販売サイトへ

当日券情報 一般3,000円/TPAMパス・学生2,500円

公演日程

2014年2月14日(金) 〜 2月16日(日)

上演時間 70分

2014年2月

9 10 11 12 13 14
  • 15:00
  •  
  •  
15
  • 15:00
  •  
  •  
16
  • 17:00
  •  
  •  
17 18 19 20 21 22
※受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前より開始します。

【関連イベント】
◎急な坂ラウンジ
終演後、演出家・出演者がご来場の皆様と一緒に、ゆったりドリンクを飲めるラウンジを特別オープン!
作品のことを聴いてみたり、次の公演への待ち時間をゆったり過ごすのでもOKです!TPAM期間ならではの、様々な方の交流の場に!
◎アフタートーク(英語通訳あり)
2月16日公演終了後、多田淳之介・きたまりによるアフタートークを開催します。

関連サイト
◎前回公演『RE/PLAY』(トークセッション・レポート・公演写真)
http://www.wedance.jp/2012/forum.php
http://wedance-kyoto.blogspot.jp/2012/02/blog-post.html

◎急な坂スタジオのwebサイトにて、毎週水曜日に関連情報を配信中!
http://kyunasaka.jp/

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=31660

トラックバック一覧