wonder×works『龍とオイル』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

wonder×works

wonder×works

『龍とオイル』

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

笑いあり、涙あり、感動の人間ドラマ。
東京の下町を舞台に、帰国した中国残留邦人の家族とその周囲の人々を描く。八鍬健之介最新作。

公演データ

公演期間 2014年2月7日(金)〜2月11日(火・祝)
会場 SPACE107
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-8-5
PR・解説 [wonder×worksとは…]
2010年立ち上げの舞台製作団体。 企画製作する作品毎に、役のイメージに合う俳優を探し、都度、出演を依頼する。
物語や言葉ではなく、登場人物の内情や、葛藤に重点を置いた作品づくりが特徴。
生身の人間が舞台で演じることで生み出されるこもごもを、確実に、そして何よりも魅力的に観客へ届けることを最大の目的としている。
人種、歴史などの俗にいうタブー的要素を含む題材もあり、「社会派」と表されることもあるが、
作品の持つ視点の新しさ、登場人物達の奥 行き、また細部にまでこだわったエンターテインメント性は世代や性別を問わず幅広い層から受け入れられている。
ストーリー 「ウケんな、それ。俺らほとんどチャイニーズじゃん。」
ぞろぞろと魚鱗のように連なる区営住宅と油に塗れた倉庫街。
身を守るための暴力はいつしかその目的を失い、夜の街に溶けていく。
混じり合い、浮きあがる熱情は未だ帰るところを知らない。燻りながら身を焦がし続ける・・。
東京の下町を舞台に、帰国した中国残留邦人の家族とその周囲の人々を描く。
細部にまでこだわったエンターテインメント性、笑いあり涙ありの深い人間ドラマを綴った心揺さぶる感動の2時間。
八鍬健之介、渾身の最新作。
スタッフ 舞台監督:小野哲史 杣谷昌洋
舞台美術:青木拓也
照 明:工藤雅弘
音 楽:中村友則
音 響:(有)Up-sounds
衣 装:小泉美都
振り付け:大石めぐみ
宣伝美術:川本裕之
大 道 具:イトウ舞台工房
キャスト 清水直子

チェン・チュー

谷口翔太
炭谷征之
恒吉梨絵
泊帝
加藤裕人
本多章一
橋口誠
小笠原大史
中村ヒロユキ
山本淳平
鈴木孝之

植木まなぶ

工藤俊作
お問い合わせ wonder×works
070-5460-2010
wonder×works オフィシャルウェブサイト

チケット発売日

2013年12月11日(水)

入場料金

4,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

wonder×works 070-5460-2010

チケット販売サイトへ

当日券情報 当日 4800円

公演日程

2014年2月7日(金) 〜 2月11日(火・祝)

上演時間 約2時間

2014年2月

2 3 4 5 6 7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 14:00
  • 19:00
  •  
9
  • 14:00
  • 19:00
  •  
10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 13:00
  • 17:00
  •  
12 13 14 15

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=31804

トラックバック一覧