川崎市アートセンター『夢みる人』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

川崎市アートセンター

しんゆりシアター 劇団わが町第3回公演

『夢みる人』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年3月14日(金)〜3月16日(日)
会場 川崎市アートセンター
〒215-0004  神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-1
PR・解説 劇団わが町」の夢 ふじたあさや

 新百合ヶ丘で、今、ちょっとした異変が起きている。一年前に『わが町しんゆり』で旗揚げしたばかりの〈劇団わが町〉が、早くも変貌しようとしているのだ。
〈劇団わが町〉の次回作品は、川崎の生んだ芸術家・岡本太郎さんを劇化したいと思っている劇団の話である。そこで、「だからみんなで岡本太郎さんの作品を観て、本を読みましょう。そして、太郎さんの言葉を自分の生活に当てはめて、どんな場面にしたらいいか、考えて見ましょう」と呼びかけた。
 それからがすごかった。毎週毎週、自主的に作られたシーンが、台本化されて持ち込まれる。それを自主的に練習して場面化する。反応を見ながら次の週には手直しがほどこされる。まさに「こういう劇団を舞台にのせたい」と思っている通りの劇団に、〈劇団わが町〉は、日に日に進化を遂げ始めた。みんな岡本太郎さんに触発されたのである。
 みんなをこんなところまで連れて行ってしまうのだから、岡本太郎さんはすごい。
 着地点がどこになるのか、まだ何とも言えないが、少なくとも、岡本太郎さんがみんなの中に根を下ろして、血になり肉になって行く有様は、見ていただけそうだ。
 『夢みる人』を追う中で、〈劇団わが町〉も夢みる劇団になろうとしているのだ。
スタッフ 作・構成・演出:ふじたあさや 作:劇団わが町文芸部 美術:池田ともゆき
衣裳:坂本真彩、照明:坂本義美、音楽:藤原 豊、音響:山北史郎、舞台監督:野口岳大、演出助手・ワークショップ講師:大谷賢治郎

主催:芸術によるまちづくり・かわさき実行委員会/川崎市
後援:「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラム
企画・制作:川崎市アートセンター/NPO法人KAWASAKIアーツ
キャスト 劇団わが町劇団員
客演:古舘一也、原田 亮

チケット発売日

2014年1月27日(月)

公演日程

2014年3月14日(金) 〜 3月16日(日)

2014年3月

9 10 11 12 13 14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 14:00
  • 18:00
  •  
16
  • 13:00
  • 17:00
  •  
17 18 19 20 21 22

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=31834

トラックバック一覧