FICTION『来世こそ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

FICTION

『来世こそ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2006年3月21日(火・祝)〜3月26日(日)
会場 THEATER/TOPS
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-20-8 TOPS HOUSE 4F
PR・解説 FICTION待望の新作公演。
「明日こそ」を唱えて今日の胸をなでおろせた日々も気がつけばとおに過ぎ。
「明日」になんかどうする事も出来ないとわかった今、つぶやくとすれば「来世こそ」。
そんな「ポジティブ」とも「ネガティブ」とも呼べない領域へ突入した人々をめぐる物語。
ストーリー FICTIONが目指す劇は「かなしすぎておかしい劇」である。ちなみに「おかしすぎてかなしい劇」ではけしてない。「結局はかなしい劇」ではなく「結局はおかしい劇」である。「結局はかなしい劇」なんてかなしすぎて具合が悪くなる。
 「サッちゃんはね サチコっていうんだほんとはね だけど ちっちゃいからじぶんのこと サッちゃんって呼ぶんだよ おかしいな サッちゃん」という歌がある。つねづね「ちっちゃいサチコが自分のことをサッちゃんと呼んで何がおかしいのだ」と疑問を感じていた僕は「フ」と思いついた。「サチコ」が自分のことを「サッちゃん」ではなく「アッちゃん」と呼んでいればそれは少しおかしいのではないか。口ずさんでみる。
 「アッちゃんはね サチコていうんだほんとはね だけど (少し早口で)ベロがちょっとだけヘンテコだからじぶんのこと アッちゃんて呼ぶんだよ おかしいな アッちゃん」
 かなしすぎる。そして少しおかしい。
 『来世こそ』の発端である。
スタッフ 劇作・演出=山下澄人
キャスト 山下澄人/山田一雄/矢田政伸/大山健/福島恵/井上唯我/多田明弘/大西康雄 ほか
お問い合わせ FICTION(staff DOMOS内)
03-5545-6818
info@fiction.gr.jp
FICTION WEB

チケット発売日

2006年2月18日(土)

入場料金

前売指定席3,000円/前売自由席2,800円/学生(自由席・前売当日共)2,300円/当日(指定席・自由席共)3,200円/複数回割引き(自由席)1,800円(税込)

学生割引きは要学生証

チケット発売窓口

FICTION 03-5545-6818

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:367-270
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:34526
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2006年3月21日(火・祝) 〜 3月26日(日)

2006年3月

19 20 21
  • 18:30
  •  
  •  
22
  • 19:30
  •  
  •  
23
  • 19:30
  •  
  •  
24
  • 19:30
  •  
  •  
25
  • 15:00
  • 19:30
  •  
26
  • 14:00
  • 18:30
  •  
27 28 29 30 31  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3190

トラックバック一覧