劇団芝居屋『トワイライトタイム・誰そ彼の時』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団芝居屋

劇団芝居屋第十回公演

『トワイライトタイム・誰そ彼の時』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

劇場内の暗闇にあなたの心で穴を穿ちこの人生を覗いてください・・・劇団芝居屋

公演データ

公演期間 2006年4月18日(火)〜4月23日(日)
会場 ザ・ポケット
〒164-0001 東京都中野区中野3-22-8
PR・解説 私達劇団芝居屋は、本来演劇は見世物(現実世界の虚構的再構築)である、という原点に立ち帰り、観客の皆さんに面白く判りやすい舞台を提供することを目指し設立された劇団です。私達劇団芝居屋は判りやすさを追求します。その追求の先にこそ、新たなる表現の鉱脈があることを信じて。
私達はからかいや侮りを恐れぬ演劇表現の専門の者、劇団芝居屋です。
ストーリー 初春の北の港町。町を見下ろす丘の中腹にある小さな広場に、納骨を終えた富永康子はいた。広場の中心に申し訳程度の小さな櫓が電飾の電線を四方に伸ばした姿であった。それは前日その小さな地区の春の訪れを祝う小さな祭の名残であった。この広場は40年連れ添った亡夫貴史との出会いの場所。そしてここは今は寂れてしまったこの地区の人間にとって誇りの場所であった。日没前の残照にきらめく港を見下ろしながら康子は突然の夫の死を受け入れかね、取りとめのない感慨の中にひたっていた。そこで漁師風の初老の男と出会う。見覚えのあるその男を記憶の中から引き出そうとする康子。時は黄昏。記憶の扉が開け放たれ無数の囁きに満ちる時間。記憶の連鎖が解き放たれる。
スタッフ 作・演出=増田再起/舞台監督=清沢伸也/美術=八木橋貴之/照明=須賀知恵子/音楽・音響=渡辺禎史
キャスト 永井利枝/増田恵美/家村幸成/今中奈穂子/石口北斗/中露理/増田再起/北村柊(シリウスプロジェクト)/村上幸子(シリウスプロジェクト)/岡野友信(ゼロ企画)/後藤信介/後藤真司(劇団てんとう虫)/西村芳高(優企画)/志馬ちひろ/足達祐紀/萩原良昌(劇団アルターエゴ)/須藤淑臣/箱崎貴司(劇団てんとう虫)/若原美紀(劇団朋友)/片飛鳥 
お問い合わせ 劇団芝居屋事務所
03-3474-6647
shibaiya3masuda@peace.ocn.ne.jp
芝居屋NET

チケット発売日

2006年3月15日(水)

入場料金

全席自由

全席自由席 前売3000円 当日3200円

チケット発売窓口

増田再起 03-3474-6647

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999

公演日程

2006年4月18日(火) 〜 4月23日(日)

上演時間 約1時間45分

2006年4月

16 17 18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 14:00
  • 19:00
  •  
20
  • 19:00
  •  
  •  
21
  • 19:00
  •  
  •  
22
  • 14:00
  • 19:00
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24 25 26 27 28 29

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=3223

トラックバック一覧