Hauptbahnhof『ブレヒト作「ありえないこと、ふつうのこと」』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

Hauptbahnhof

Hauptbahnhof Gleis5

『ブレヒト作「ありえないこと、ふつうのこと」』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年4月4日(金)〜4月6日(日)
会場 人間座
京都府京都市左京区下鴨東高木町11
PR・解説 Hauptbahnhof(略称Hbf.)

演劇といってもどんなものを見ていいのかわかんないという人たち、演劇とは全く縁のないところにいた人たちや、これまでもこれからも演劇に携わっていく人たちにとって、とりあえず集まって自分の位置を確認したり、自分の活動の拠点にしたりする場所を作ろう、という気概で、演出家・翻訳家の金田一央紀により2011年に東京で設立。

 独自に翻訳した上質な海外戯曲を、役者が観客の間をすり抜けながら自然に語りかける濃密なゼロ距離パフォーマンスを得意とする。

2013年秋から拠点を京都に移す。


金田一央紀プロフィール
Hauptbahnhof主宰・演出家・翻訳家。東京都出身。
同志社大学卒業後、英国Central School of Speech and DramaにてMA取得。帰国後NODA・MAPの演出助手、G2演出ミュージカルの翻訳協力など下積みを経たのち、劇空間のグルーヴを求めてHauptbahnhofを設立。
ストーリー 砂漠で道に迷ったキャラバンで、とある商人が荷物持ちを撃ち殺した。
荷物持ちは水を差し出していたのだが、商人には石で殴りかかってきたように見えたからだ。
荷物持ちの未亡人が商人を訴えて裁判が始まる。
裁判長の判決はいかに?

ありえないことはありえないのか。
熾烈な競争社会で正直者が馬鹿を見る。
スタッフ 脚本: ベルトルト・ブレヒト


翻訳:演出 金田一央紀
三省堂明解国語辞典を作った金田一春彦の孫
卒業後留学(英国、Central School of Speech and DramaにてMA取得)

音楽 CMソングや映画の音楽を手掛けているフジモトヨシタカ

舞台監督:浜村修司
照明:真田貴吉
音響:北島淳
舞台美術:丸山ともき
スタイリング・メイク:鷲尾華子
演出助手:大崎けんじ(イッパイアンテナ)
WEB製作:太田家世
チラシ製作:サカイシヤスシ(LaNta)
キャスト 出演
中嶋やすき/阿形ゆうべ(ONE WAY TRIP)/松原進典/高杉征司/市川タロ(デ)/桑村大和/中村彩乃/漁チハヤ/村田レナ(虹色結社)/藤原大介(劇団飛び道具)
お問い合わせ hauptbahnhof
hauptbahnhof@hotmail.co.jp
hauptbahnhofホームページ

入場料金

前売・当日共通2,800円/学生(要学生証)2,300円(税込)

チケット発売窓口

hauptbahnhof 件名を「チケット予約」とし、本文に「氏名」「公演日時」「チケット枚数」「電話番号」を明記のうえ、 hauptbahnhof@hotmail.co.jp までお送りください。

チケット販売サイトへ

Corich

チケット販売サイトへ

公演日程

2014年4月4日(金) 〜 4月6日(日)

2014年4月

    1 2 3 4
  •  
  •  
  •  
  • 19:00
5
  •  
  • 14:00
  • 17:00
  • 20:00
6
  •  
  • 14:00
  • 17:00
7 8 9 10 11 12

情報登録:Hauptbahnhof

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32342

トラックバック一覧