公益財団法人とちぎ未来づくり財団『松竹大歌舞伎』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

公益財団法人とちぎ未来づくり財団

平成二十六年度(公社)全国公立文化施設協会主催 東コース

『松竹大歌舞伎』中村歌昇改め三代目中村又五郎襲名披露 中村種太郎改め四代目中村歌昇襲名披露

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年7月30日(水)
会場 栃木県総合文化センター
〒320-8530 栃木県宇都宮市本町1-8
PR・解説 一、双蝶々曲輪日記 角力場 一幕
 『双蝶々曲輪日記』の二段目にあたる「角力場」は、男伊達の達引を描いた世話狂言。体格も性格も対照的な濡髪と放駒の意地の張り合いが見どころの一幕。

二、三代目中村又五郎 四代目中村歌昇 襲名披露 口上 一幕
 平成23年に三代目中村歌昇が三代目中村又五郎の名を、四代目中村種太郎が中村歌昇の名を襲名、各地で襲名披露興行を行ってきた。播磨屋一門にとって大事な名跡を継承する又五郎と歌昇親子が襲名披露の口上を述べる一幕。

三、近松門左衛門作 傾城反魂香 一幕 土佐将監閑居の場 
 近松門左衛門が書いた『傾城反魂香』の上巻の切にあたるこの場は、通称『吃又』と呼ばれる人気の場面。夫婦の愛と軌跡を描いた趣ある義太夫狂言。
ストーリー 一、角力場 
 大阪堀江の角力小屋では、人気力士の濡髪長五郎と素人力士出身の放駒長吉との取組が行われ賑やかな様子。濡髪贔屓の山崎屋与五郎は、恋仲の藤屋の遊女吾妻を茶屋へ向かわせ、角力見物。しかし、予想に反して、勝利を収めたのは放駒。与五郎に負けを詫びる濡髪は、吾妻の身請を自分に任せてほしいと伝える。そして、放駒を呼び出すと、勝ちを譲ったことを明かし始め……。

三、傾城反魂香
 山科に閑居する土佐将監光信の館にやって来た絵師の浮世又平と女房おとく。生まれつき吃音の又平は出世も出来ず、口が達者なおとくと細々と暮らしている。この度、弟弟子の修理之助が土佐の苗字を与えられたことを知り、又平も苗字が欲しいと懇願する。しかし、将監が拒むので、又平は手水鉢に自画像を描いて、死を決意するのだが……。
キャスト 一、角力場 すもうば 一幕
濡髪長五郎 中村吉右衛門
山崎屋与五郎 中村種之助
藤屋吾妻 中村米吉
放駒長吉 種太郎改め 中村歌昇


二、三代目中村又五郎 四代目中村歌昇 襲名披露 口上 こうじょう 一幕
歌昇改め 中村又五郎
種太郎改め 中村歌昇
中村吉右衛門
幹部俳優出演


三、傾城反魂香 けいせいはんごんこう 一幕上
浮世又平後に土佐又平光起 歌昇改め 中村又五郎
又平女房おとく 中村芝雀
土佐修理之助 中村隼人
狩野雅楽之助 中村錦之助
土佐将監光信 中村歌六
お問い合わせ 栃木県総合文化センター 文化振興課
028-643-1010
tmf@tmf.or.jp
栃木県総合文化センター
(平日 8:30〜17:15)

チケット発売日

2014年4月13日(日)

入場料金

S席6,000円/A席5,000円/B席4,000円/B席学生2,000円(全席指定・税込)

※車イス席でご鑑賞される方は割引料金が適用となります。詳しくはお問い合わせください。
※同時解説イヤホンガイド実施(別途料金がかかります)

チケット発売窓口

栃木県総合文化センタープレイガイド 028-643-1013
(営業時間 10:00〜19:00 無休 )

チケット販売サイトへ

下野新聞プレイガイド(東武宇都宮百貨店2F) 028-651-5255
宇都宮市文化会館プレイガイド 028-634-6244
FKDショッピングプラザ宇都宮(3F) 028-623-5269
FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店(2F) 028-657-6534

公演日程

2014年7月30日(水)

2014年7月

27 28 29 30
  • 12:30
  • 17:00
  •  
31    

【お願い・お断り】
都合により時間、演目、出演者等が変更になることがありますので予めご了承ください。
就学前のお子様の入場はご遠慮ください。(年齢にかかわらず1人1枚のチケットが必要です。)
会場には駐車場がございませんので公共交通機関をご利用ください。

情報登録:栃木県総合文化センター

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32355

トラックバック一覧