劇団青年座『見よ、飛行機の高く飛べるを』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団青年座

劇団青年座第210回公演

『見よ、飛行機の高く飛べるを』劇団青年座創立60周年記念公演 第一弾

  • 公演中
  • 当日券情報あり
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年5月10日(土)〜5月18日(日)
会場 本多劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-15
PR・解説 今年、青年座は創立60周年を迎えます。

記念すべき年の第1弾公演として選んだ『見よ、飛行機の高く飛べるを』は、1997年に永井愛氏が青年座に書下ろし初演。1999年と2003年には多くの熱いラブコールに応える形で再演となった、青年座の長い歴史の中でも一際輝きを放つ作品です。

注目は一新されたキャスト陣。今、青年座女優陣の中で最も勢いに乗っている安藤瞳と小暮智美を中心に、黒崎照、高橋幸子、尾身美詞、橘あんり、田上唯、坂寄奈津伎といった花ざかりの俳優たちをキャスティング。作中に出てくる女学生たちさながらに、目標に向かって積極的に活動しております。
彼女たちを導く教師や大人たちには、近年活躍の著しい石母田史朗をはじめ、藤夏子、片岡富枝、遠藤好、平尾仁、井上智之、山崎秀樹、田島俊弥といった実力ある俳優たちを起用し、物語に一層のリアリティと深みを加えます。

劇団青年座創立60周年記念公演第1弾。――『見よ、飛行機の高く飛べるを』。
学生時代、誰もが感じたまだ見ぬ世界への憧れや高揚感。そして繰り返す小さな挫折を得て知る苦み。5月の澄み切った青空の下、青春の光と影に満ちたステージをお約束致します。
ストーリー ――女子だって飛ばなくっちゃならんのです

明治44年。
平塚らいてうが「青鞜」を創刊し、
女性の生き方に新しい選択肢が生まれはじめていた時代。
岡崎にある女子師範学校には
各地から教師を目指す少女たちが集まっていた。
教師たちから「国宝」とまで称される優等生・光島延ぶは
“新しい時代の女性”に憧れる杉坂初江と出会う。
二人の間に結ばれた固い友情は、
やがて仲間たちをも巻き込んだ壮大な計画をスタートさせる。
順風に見えた少女たちの青春。
しかしある事件をきっかけに、厳しい現実が彼女たちの前に立ち塞がる…
スタッフ 美術=柴田秀子
照明=中川隆一
音響=城戸智行
衣裳=三大寺志保美
舞台監督=今村智宏
製作=小笠原杏緒、長尾敦
キャスト 藤夏子、片岡富枝、遠藤好、黒崎照、小暮智美、高橋幸子、尾身美詞、安藤瞳、橘あんり、田上唯、坂寄奈津伎、平尾仁、井上智之、石母田史朗、山崎秀樹、田島俊弥
お問い合わせ 劇団青年座
03-5478-8571
info@seinenza.com
劇団青年座

チケット発売日

2014年4月3日(木)

入場料金

一般5,500円/学生3,500円(全席指定・税込)

学生券は青年座のみ取扱い

チケット発売窓口

劇団青年座 0120-291-481

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:435-399

チケット販売サイトへ

ローソンチケット
l-tike.com
0570-084-003
Lコード:32683
e+(イープラス)
eplus.jp
当日券情報 開演45分前より劇場にて販売

公演日程

2014年5月10日(土) 〜 5月18日(日)

上演時間 約3時間

2014年5月

4 5 6 7 8 9 10
  • 14:00
  •  
  •  
11
  • 14:00
  •  
  •  
12
  • 18:30
  •  
  •  
13
  • 18:30
  •  
  •  
14
  • 14:00
  •  
  •  
15
  • 14:00
  • 19:00
  •  
16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 14:00
  •  
  •  
18
  • 14:30
  •  
  •  
19 20 21 22 23 24

情報登録:劇団青年座

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32387

トラックバック一覧