劇団俳優座『先生のオリザニン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団俳優座

劇団俳優座創立70周年記念公演第3弾

『先生のオリザニン』

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2014年6月12日(木)〜6月27日(金)
会場 三越劇場
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店本館6F
PR・解説  ノーベル賞も夢ではなかったといわれる鈴木梅太郎は農芸化学者として、当時の日本の主要な輸出産業であった絹織物に必要なカイコを育てる桑の木の萎縮病に取り組み原因を発見し、粉ミルク・パトローゲンを幼児の為に開発して子供の成長に多大な成果を上げた。その研究は常に庶民の為であった。資産の大半を後進の育成の為に使ったといわれる梅太郎はなぜ農芸化学の道に進んだのか――。
 明治・大正・昭和の時代を日本人の為に生き抜いた鈴木梅太郎の半生を博士と同郷の加藤剛と、加藤頼の親子共演で舞台化。
ストーリー  江戸時代から「江戸煩い」として、また明治時代も多くの人々を苦しめ、日清・日露の戦争では戦死者のほかに多くの死者を出した脚気――この脚気をドイツの留学から戻った鈴木梅太郎は栄養の不足が原因とみて米糠から新しい栄養素「オリザニン(現在のビタミンB1)」を世界で最初に発見する。
 1910(明治43)年東京化学会例会会場で発表するが、脚気を細菌や伝染病によるものと考えていた森林太郎をはじめ当時の医学界から罵倒され無視される。傷つく梅太郎を励ましたのは辰野金吾の娘である妻の須磨子であり、心の支えになったのは大学の恩師・古在由直だったが…
スタッフ 【脚本】堀江安夫
【演出】眞鍋卓嗣

【美術】松岡泉
【照明】榊美香
【効果】木内卓
【衣裳】石川君子
【舞台監督】葛西百合子
【制作】下哲也、間所珠世

【協賛】日本農芸化学会、静岡県牧之原市
キャスト 加藤剛、中吉卓郎、河野正明、齋藤隆介、林宏和、松崎建ん語、加藤頼、宮川崇、矢幡晃一、森尻斗南、芦田崇、吉田賢太、斉藤深雪、有馬理恵、笠井幽夏子、佐藤礼菜
お問い合わせ 劇団俳優座
03-3405-4743 / 03-3470-2888
seisaku@haiyuza.net
劇団俳優座ホームページ

チケット発売日

2014年5月1日(木)

入場料金

一般6,500円/学生4,000円(税込)

学生の方はご観劇当日、学生証をお持ちください。

チケット発売窓口

劇団俳優座 03-3405-4743
車椅子でお越しのお客様は、必ずご予約時に三越劇場又は俳優座までお申し出ください。
三越劇場 0120-03-9354

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:435-027

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp
Confetti 0120-240-540

チケット販売サイトへ

当日券情報 開演1時間前より劇場にて販売

公演日程

2014年6月12日(木) 〜 6月27日(金)

上演時間 約2時間40分
(休憩あり)

2014年6月

8 9 10 11 12
  • 18:15
  •  
  •  
13
  • 13:30
  •  
  •  
14
  • 13:30
  •  
  •  
15
  • 13:30
  •  
  •  
16
  • 13:30
  •  
  •  
17
  • 13:30
  •  
  •  
18
  • 13:30
  •  
  •  
19
  • 13:30
  •  
  •  
20
  • 13:30
  •  
  •  
21
  • 13:30
  •  
  •  
22
  • 13:30
  •  
  •  
23
  • 13:30
  •  
  •  
24
  • 13:30
  •  
  •  
25
  • 13:30
  •  
  •  
26
  • 13:30
  •  
  •  
27
  • 13:30
  •  
  •  
28

情報登録:劇団俳優座

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32388

トラックバック一覧