POP演劇祭運営委員会『POP演劇祭』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

POP演劇祭運営委員会

第一回

『POP演劇祭』昨日より人を好きになった

  • 公演中
  • 当日券情報あり

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

「昨日より人を好きになった」

公演データ

公演期間 2014年4月20日(日)
会場 こむこむ館 わいわいホール
〒960-8044 福島県福島市早苗町1-1
PR・解説 福島で活動するアマチュア劇団3団体が一同に集まる「第一回POP演劇祭」開幕!!

パワー溢れる個性的な3劇団の公演をどうぞお楽しみに!

参加劇団

・劇団 瞬
・劇団 120○EN
・劇団 少女標本
ストーリー 1,劇団 瞬 上演作品
「扉を開けたモグラ」 作:小木曽 里美

モグラの部屋に、見ず知らずの人が二人、突然入ってきた。しつこい婆やから逃げながら、自分の“大切なもの”である、王子様を探しているヒメと、一人で悪の大魔王という敵と戦っているヒーロー。
二人はそれぞれ好き勝手に振る舞い、モグラは翻弄される。
しかし、ヒメとヒーローにはわかっていても、モグラにはわかっていないことがあった。
二人がそのことに触れようとしても、モグラは話をはぐらかしてしまう。
それでも二人はゆっくりと、そのことに気づかせようとする・・・。

モグラがいるこの部屋は一体どこなのか。
モグラは気づくことができるのか。

「これはモグラの話。扉を開けたモグラの話。」

2,劇団 120○EN 上演作品
「椅子語り」 作:清野 和也

椅子は、変わった店主の宝物。決して売ってくれやしません。この店では、その椅子たちにまつわる物語を売ってくれるのです。
その中から、ひとつ選んだ椅子に座り、目を閉じると、店主が不思議な音のするレコードを流してくれます。
すると、すうと頭の中で、椅子に染み付いた物語が溢れだすのです。

椅子が語る、福島の、古い古いお話。

3,劇団 少女標本 上演作品
「静物画」 作:柳美里

――その朝も、林檎の樹は春の陽にゆれていた。

彼女たちは少女であった。噂話に耳を傾けては花を咲かせ、大人の真似事や囲われた世界の僅かな違反に刺激を求める無垢な少女。
少女たちは、時は過ぎ去って行き、繰り返されることはないと気づきながらも、自己の心身に刻まれていく変化に言いようのない感情を抱き、恐れ、”同じ時”を繰り返そうとする。
あの日の放課後、夕闇の中、『授業ごっこ』で《遺書》を読みあった次の日も、また”同じ”朝が始まるのだと、この瞬間に存在する彼女たちは疑うことすらしなかったであろう。

 少女たちにとって”生”とは何を意味するのか
 少女たちにとって”死”とは何を意味するのか

退屈な日常の中で、少女たちが何よりも望んでいたものは何だったのか。

―その朝も、林檎の樹は春の陽にゆれていた。
お問い合わせ POP演劇祭運営委員会 担当:清野
080-1849-4401
k.aoihito@gmail.com
POP演劇祭

チケット発売日

2014年4月1日(火)

入場料金

大人1,000円/学生500円/高校生以下0円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

POP演劇祭運営委員会  担当:清野 080-1849-4401
k.aoihito@gmail.com

チケット販売サイトへ

当日券情報 10:30よりホール入り口、受付にて販売

公演日程

2014年4月20日(日)

2014年4月

20
  • 11:00☆
  • 13:00○
  • 15:00◎
21 22 23 24 25 26
☆…劇団 瞬 上演
○…劇団 120○EN
◎…劇団 少女標本

情報登録:POP演劇祭運営委員会

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=32483

トラックバック一覧